• ¥ 3,300
  • Credit(s); Synthesizer, Electronics & Sequenced By – Moritz von Oswald Synthesizer – Max Loderbauer Drums – Tony Allen Mixed By – Ricardo Villalobos •• • UK ORG press Limited 2LP, 2015, USED(almost NEW). Cat#: HJRLP72 (Honest Jon's Records) Genre: Dub Techno, Experimental • Songs List; A1. 1 A2. 2 B1. 3 B2. 4 C1. 5 (Spectre) C2. 6 D1. 7 D2. 8 • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 1,650
  • • UK Repress, Limited White Vinyl, 2015, USED(almost NEW). Cat#: HAWAII001 (Distant Hawaii) Genre: Dub Techno, Experimental • Songs List; A1. Waiting A2. Upsn Downs B1. Be A Man B2. Bill Loves You • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.19(Mon) 本日の1枚は、UK、Wales北部生まれのHouse/Techno Producerの”Tom Ellis”が、2016年にUKの”Black Keys Records”からリリースした(今のところ)唯一のアナログ・アルバム『From the Cabin above the Clouds』のご紹介ですー! • 80年代初頭の生まれということで、今は30代後半ながら、父親の影響で13歳の頃からギターを始め、ハイティーンの頃から地元でDJ活動も始めていたという、すでに20年ほどのキャリアを持つ”Tom Ellis”。2006年ごろから、データでのリリースをスタートさせ、UKを中心にじわじわと話題を集め、10年目の節目となった2016年に、彼を初期から応援していたという、同じくUKのレーベル”Black Keys Records”、この記念すべきカタログ番号001を配され、2枚組アルバムとしてリリースされた本作。レーベルの意気込みと愛も伝わるし、Tomの気合いも十分な内容と言えます。本人が様々なインタビューで公言しているように、Detroit technoの影響もアルバムを通して散見できますが、そのテイスト具合が、はっきりと「Techno」と「House」そして「Electronica」に分類できない理由だと感じます。また、同じく「田舎生まれの田舎育ち」を公言する辺りが、彼の楽曲全般に横たわる”Laid-back”感で、それらが本作のリリース当時に”Balearic”感と称された理由かもしれません。 • 本日のUGMBインスタ定点動画BGMは、A1の”The Bored And The Lonely”をチョイスしました。大阪〜兵庫でのコロナ関連のイヤなニュースを聞きながら、天気だけはなぜにもこんなに気持ちいいんだ…という思いをこの曲の浮遊感のあるフィルタード・パッド・シンセに託して ; ) • UGMBのインスタ定点動画、以下のリンクからご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/32s2DRU> •••• • UK ORG press Limited 2LP, 2016, USED(almost NEW). Cat#: BKLP001 (Black Key Records) Genre: House, Techno, Electronica • Songs List; A1. The Bored And The Lonely A2. Stranger In This Town B1. Our Moments, Too Swift B2. From Across The Valley C1. Mechanical Failures C2. Wide Open Window D1. Many Times D2. Far Reach • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.17(Sat) 本日の1枚は、1988年リリース、自身の名を冠したTracy ChapmanのDebut Album「Tracy Chapman」です。日本は好景気に沸いた80年代、かの国では60年代、70年代のウミが溜まり、そのツケを払わされる時代に突入しました。ハリウッド俳優上がりの保守派大統領レーガンの下、もうアメリカは死んだのか…と言われる時代、その終わりにさしかかった頃、突如現れたアコースティック・ギターを抱えた、小柄な、ショート・ドレッドのフォーク・シンガー、Tracy Chapman。シンプルな音楽性と、日常から生まれたリアルかつ辛辣な言葉の紡ぎで、MTVに支えられた「煌びやかな」産業音楽に蹂躙されていた世界の音楽シーンに、爽やかな衝撃を与えました。 • UGMBのインスタでは、自分たちの生活の質を少しでも向上させるために、日々の小さな主張を続けることが、革命につながるんだよとささやく”Talkin' Bout A Revolution”、そしてUGのインスタでは、アメリカの黒人居住エリアでの警察との日常茶飯事なエピソードをそっと歌う”Behind The Wall”をそれぞれチョイスしました。 • まずは、UGとUGMBのインスタ定点動画、以下のリンクからご覧ください。 UG instagram <https://bit.ly/3mTXZp4> UGMB instagram <https://bit.ly/3aixSmQ> • それでは、いつものように、BGMに選んだ2曲の歌詞をご紹介いたします。 • ”Talkin' Bout A Revolution” Don't you know They're talkin' bout a revolution It sounds like a whisper While they're standing in the welfare lines Crying at the doorsteps of those armies of salvation Wasting time in the unemployment lines Sitting around waiting for a promotion Don't you know They're talkin' bout a revolution It sounds like a whisper Poor people gonna rise up And get their share Poor people gonna rise up and take what's theirs Don't you know You better run, run, run, run, Oh, I said you better run, run, run, It's finally the tables are starting to turn Talkin' bout a revolution While they're standing in the welfare lines Crying at the doorsteps of those armies of salvation Wasting time in the unemployment lines Sitting around waiting for a promotion Don't you know Talkin' bout a revolution It sounds like a whisper And finally the tables are starting to turn Talkin' bout a revolution It's finally the tables are starting to turn Talkin' bout a revolution, oh no わからない? 彼らは革命について語ってるんだよ ささやくような声でね 彼らが生活保護の列に並んでる間に 救世軍の施設の入り口で泣きながら 失業保険の列に並んで、時間を潰しながら 仕事の紹介を座りながら待ってる間に わからない? 彼らは革命について語ってるんだよ ささやくような声でね 持たざる者たちが立ち上がるよ そして自分たちの分け前を手にするんだ 持たざる者たちが立ち上がるんだ もともと自分たちのものだったものを取り返すために あなたたち、わからない? 今すぐに、走り出すべきだよ そして、(もう片方の)あなたたち、まだわからない? 今すぐに、逃げ出すべきだよ いよいよ形勢がひっくり変わろうとしている (みんなが)革命について語っているからね 彼らが生活保護の列に並んでる間に 救世軍の施設の入り口で泣きながら 失業保険の列に並んで、時間を潰しながら 仕事の紹介を座りながら待ってる間に わからない? 彼らは革命について語ってるんだよ ささやくような声でね いよいよ形勢がひっくり変わろうとしている (みんなが)革命について語っているからね いよいよ形勢がひっくり変わろうとしてるんだ もう革命について語っているからね • • ”Behind The Wall” Last night I heard the screaming Loud voices behind the wall Another sleepless night for me It won't do no good to call The police Always come late If they come at all And when they arrive They say they can't interfere With domestic affairs Between a man and his wife And as they walk out the door The tears well up in her eyes Last night I heard the screaming Then a silence that chilled my soul Prayed that I was dreaming When I saw the ambulance in the road And the policeman said "I'm here to keep the peace Will the crowd disperse? I think we all could use some sleep" Last night I heard the screaming Loud voices behind the wall Another sleepless night for me It won't do no good to call The police Always come late If they come at all 昨日の晩、叫び声が聞こえた 大きな声、壁の向こう側 またも、眠れぬ夜 でも、警察を呼ぶことは得策だとは思えない だって、いつも来るのが遅いんだよ たとえ、来たとしても そして、彼らが現れたとき 民事には介入できないって言うんだ 家庭内のことには ある男と、その妻との出来事 やってきた警察は、さっさと玄関から立ち去る その妻、彼女の眼は涙で溢れている 昨日の晩、叫び声が聞こえた そして魂が震え上がるほどの静寂が こんなこと、夢だと言ってと祈った 救急車を通りで見かけたときは そして警官が告げる 「このエリアの平穏を保つために、存在するのです。 そのために、住人の皆さんには、この現場から立ち去っていただきます」 あぁ、私たちは、ようやく眠りにつけるのだ… 昨日の晩、叫び声が聞こえた 大きな声、壁の向こう側 またも、眠れぬ夜 でも、警察を呼ぶことは得策だとは思えない だって、いつも来るのが遅いんだよ たとえ、来たとしても • •• • JPN 1st press, 1988, USED. Cat#: 23P1-2121 (Elektra/Warner JAPAN) Genre: Rock, Folk Rock, Soul • Songs List; A1. Talkin' Bout A Revolution A2. Fast Car A3. Across The Lines A4. Behind The Wall A5. Baby Can I Hold You B1. Mountains O' Things B2. She's Got Her Ticket B3. Why? B4. For My Lover B5. If Not Now... B6. For You • Jacket Condition: EX Vinyl Plate Condition: RW/VG *without Obi and Liner Notes. • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 2,200
  • 2021.04.16(Fri) 本日の1枚は、1987年リリース、Terence Trent D’ArbyのDebut Album「Introducing The Hardline According To Terence Trent D'Arby」です。「テレンス・トレント・ダービーによる強硬路線をご紹介します」という一風変わったタイトルの本作。やりたいスタイル以外ではアルバムなど作らない!という意思を表したのか、はたまたレコード会社と衝突して「皮肉」としてのタイトル付けなのか、どちらにしても未知の新人を世に出すときのタイトルではないです。ただ、このタイトルに恥じることなく、1987年当時、世界がその登場に驚くほど、唯一無二のスタイル全開のデビュー作でした。 • UGMBのインスタ定点動画では、このところずっと続く「週末の雨模様」に嫌気がさして、『雨なんか、あっちへ行け!降るなら別の日にしろ!』という歌詞の”Rain”をチョイスしましたが、UGのインスタでは、本アルバムの中で最も異彩を放っているアカペラ曲の”As Yet Untitled”(未だ無題)をご紹介しています。 • またも、かの国では警官が丸腰の黒人を射殺しましたね。『スタンガンだと思って、間違って銃で撃ってしまった…』とつぶやく映像に、驚かないし、認めもしないけど、感じた脱力感は半端じゃない。そして、相も変わらず、日々のコロナ感染者数の報道と、至らぬ政治、コロナ禍に対するそもそもの目標をどこかに置き忘れているような、そんな日本の不甲斐なさとシュールな日常を笑い飛ばすに十分な、アフリカ系(だけじゃない有色)アメリカ人の過酷な日常。少しなりにも、我が身で体験しているだけに、この脱力感は他人事ではありません。日本から見ていると理解できないこと、多々あるとは思います。例えば、今回の事件も『どうして逃げるんだ、逃げるから撃たれるんだ、悪いことしてるから逃げるんだろ』というネット上のコメントが散見されますが、警察に銃を突きつけられた状況でも、一瞬のスキを見て逃げようとしてしまうほど、色付きの人種は警察に何をされるか分からないという歴史的事実からの教訓があって、そんな教訓を生み出してる社会なんて、戦後の日本しか知らなけりゃ、ほとんどの日本人は理解できないでしょうよ、きっと。でもね、この国にも、非日本国籍の人間には大概のことをしてきている暗い歴史と事実があって、現在のアメリカが抱えている人種問題の本質、そのまったく同じものが、この国にも横たわっていることは知っていてほしいですね。 • 以下、”As Yet Untitled”(未だ無題)の歌詞をご紹介します。この「未だ無題」には諸説色々ございまして、TTD本人もインタビューでは『徒然なるままに、思うところを歌って、まとまらないから無題』的なコメントを残していますが、いやいや、それはないと思っています。タイトルなんか付けられるかよ!この現在進行形のクソみたいな状況によ!っていう意味ではないかと。”As Yet”に、その意味が込められているような…。そして、この曲の終わり、ガラっと声のトーンを変えて『Meanwhile, on the other side of the world (さて話題を変えて、この世界の反対側では…)』と前置きしてから、The Jackson 5の”Who’s Loving You”のカバーに続くところに、TTDの皮肉さとニヒリズムを感じずにはいられないのです。さて、皆さんの感想や、如何に? • “As Yet Untitled” Out by a shanty where the dust hangs high Far from a river where things grow green The flowers weep and they lean away From the blood stained soil beneath my feet The thorns outnumber the petals on the rose And the darkness amplifies the sound of printers' ink On propaganda page That will rule your life and fuel my rage I tried to bend my knees But my knees were already bent I haven't stood like a man for such a long time now I called to my god but he was sleeping on that day I guess I'll just have to depend on me Shall I tell my children if they ask of me Did I surrender forth my right to be? Y'see my daddy died to leave this haunting ground And this same ground still haunts me The cool September blows the seeds away The harvest blown again this year But I'll return a stronger man I'll return to me my homeland No grave shall hold my body down This land is still my home I said: But I'll return a stronger man I'll return to me my homeland No grave shall hold my body down This land is still my home This land is still my home - - - - - - - - - - - - - - - - - “未だ無題” 砂ぼこり高く舞う小屋の外 緑生い茂る川からは遠く 花々は泣き悲しみ 足元、血の染みが残る地面から その身体を折れ曲げられている バラの花びら、数え切れないくらいのトゲ そして暗闇が、印刷機のインクの音を増幅する 嘘っぱちの宣伝ビラに書かれたもの それは皆の人生を支配し、オレの怒りを煽る 膝を曲げてみようとしたが、 すでにオレの膝は折れ曲がっていた 思えば、もう長いことヒトとして立ってなどいなかった オレはオレの神を呼んだが、その日、彼は眠っていたようだ どうやら、自分にしか頼れないようだ 子供たちが訊ねてきたら、何と答えればいい? 「正しいことでも、諦めないとダメなの?」と いいかい?オレの親父は、この呪われた地を去るために死んだんだ そして、その同じ土地はずっとオレにつきまとっている 涼しい9月の風に種が運び蒔かれていく きっと今年も豊作だろう オレは、もっと強い男になって戻ってくるよ オレ自身に、オレの帰るべき土地に 我が亡骸を宿す墓など無く この土地が、ずっとオレの家なのだ 我は言う それでも、オレはもっと強い男になって戻ってくる オレ自身に、オレの帰るべき土地に 我が亡骸を宿す墓などは無い この土地が、ずっとオレの家なのだ この土地こそが、オレの帰るべき場所なのだ •• • UGとUGMBのインスタ定点動画は、以下のリンクからご覧ください。 UG instagram <https://bit.ly/3ghp6sP> UGMB instagram <https://bit.ly/32k2wI1> • US ORG press, 1987, USED. Cat#: C 40964 (Columbia) Genre: Funk, Soul, Rock • Songs List; A1. If You All Get To Heaven A2. If You Let Me Stay A3. Wishing Well A4. I’ll Never Turn My Back On You (Father's Words) A5. Dance Little Sister A6. Seven More Days B1. Let's Go Forward B2. Rain B3. Sign Your Name B4. As Yet Untitled B5. Who's Lovin' You • Jacket Condition: EX Vinyl Plate Condition: EX • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 1,650
  • 2021.04.15(Thur) 本日の1枚は、ノルウェーはオスロを拠点に活躍する若きDeep House Producerの”Mats Frantzvaag”が、2016年にドイツ・ハンブルグの”Smallville Records”レーベルのサブ・レーベル”Fuck Reality”(素晴らしいネーミング!)からリリースしたシリーズ第3弾、まんまの『Fuck Reality 03 EP』をご紹介しますー! • 今日は気持ちのいいすっきり天気でしたが、また明日からの週末、雨なんだってよ!という心境と。最近、世の政治に嫌味を続けておりましたので、ちょっと「ひと呼吸」という意味を込めて、今日は『元気はあるけどゆったりした曲』にでもしようかなーと、B2の”Shortie”をUGMB定点動画に選んでみましたー。 • UGMBのインスタ定点動画は、以下のリンクからご覧ください。 <https://bit.ly/3tmAaIT> •••• • GER ORG press Limited, 2016, USED(almost NEW). Cat#: fuckreality03 (Columbia) Genre: House, Deep House • Songs List; A1. Knitring A2. Breakaway B1. Rett Fra Levra B2. Shortie • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.13(Tue) 本日の1枚は、トリニダード・トバゴの闘う音楽家”Brother Resistance”こと”Lutalo Masimba(ルターロ・マシンバ)が1986年にリリースした超レア盤『Rapso Take Over』の奇跡の公式リイシュー盤です!しかも、ほぼ未使用! • “Rapso(ラプソ)”、トリニダード・トバゴのカリプソを素地に、1960年代後半からのBlack Power Movementの台頭に呼応して、ReggaeやAfrobeatの要素を取り込み、メッセージ性の強い歌詞を乗せて進化した音楽スタイル。1980年代に入り、Hip HopやElectro、そしてDancehall Reggaeから、さらに強い影響を受けて、ビートが強力になる、そんな1986年にイギリスはLondonで録音されたのが、本作『Rapso Take Over』。時は折しも、反アパルトヘイトがアーティストの共通意識だったころで、アフリカの悪政に苦しむ民を助けようという気運が満ちている時代のど真ん中。様々なBlack Protest Songsが生まれました。90年代に入り、Acid Jazz Movementの派生で、Afrobeatが再評価され、本作も、Norman Jayらの手でHook Upされていたのを覚えています。おかげで、一時は中古市場で数百ポンドで取引されていた『Rapso Take Over』、オーストラリアのDiggerによって、2015年、奇跡の公式リイシューとなりました。もちろん完全限定プレスでしたので、今や、このリイシュー盤も高値で取引されています!おそらく、もう二度と入荷しない(と言い切る!)本作、お買い逃しなくー! • まずはUGMBのインスタ定点動画でBGMとしてプレイしておりますので、以下のリンクからご覧ください。 曲はA3の”Dancin Shoes Rapso”、さわりの部分です ; ) UGMB instagram <https://bit.ly/3g7soPA> •• • Australia Reissue Very Limited, 2015, USED. Cat#: LER1003 (Left Ear Records) Genre: Rapso, Calypso, Disco, Dub, Afrobeat • Songs List; A1. Star Warz Rapso A2. Wars In Space Dub A3. Dancin Shoes Rapso B1. Ring De Bell (Part 1) B2. Children Of Soweto B3. Rapso Take Over • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 5,500
  • 2021.04.12(Mon) 今日の1枚は、80〜90年代UK Conscious Rockの雄、Matt Johnson率いるThe The(ザ・ザ)が1989年にリリースした4th Album『Mind Bomb』をご紹介します。The Smiths解散直後のJohnny Marrが参加したことで話題になりました。また、A2に収録の”Armageddon Days Are Here (Again)”の歌詞が物議を醸し、当時、ライブ会場がテロの標的になるのではないか?と心配もされました。こちらの歌詞、いつものように下部に紹介しておりますので、興味のある方はご覧になってください。 • 仰々しいコーラス・チャントから始まる”Armageddon Days Are Here (Again)”。ジーザスとブッダとマホメットへの呼びかけがカウントMCになっているところで、吹き出してしまいそうな曲ですが、ところどころ、面白いなーと思うセンテンスが散りばめられています。 • 『イエス・キリストが再来すると思ったら、大間違いだ。自分の名前を都合よく利用されている現世を見たら、すぐさま自分の墓に戻っていくに決まってる』 『もし、イエスが生き返ってきてくれたとしても、皆の知らぬ間にCIAに消されるはずさ』 『神はイスラエルにもローマにも居ない。神はアメリカ野郎の金には属さない。神はヒズボラのための爆弾作りを手伝わない。神は教会にすら行かない。神はアラーを焼き尽くすためにオレたちを(戦地に)送り込んだりしない。そもそも神はオレたち人類のことなんて思い出しもしないことは、とっくに分かってることで、てめえが撒いた種は、てめえが刈取れってことだ。』 • 生き返ったらCIAに暗殺されるってのは、「そうやよなー、世の中全部ひっくり返って、株価は暴落して、現行の権力は一切機能しなくなるよなー」と、聞いた当時、納得したものです ; ) そして、このたった12年前にリリースされたSex Pistolsの”Anarchy in the UK”は『オレは反キリストで、無政府主義者だ!』と歌っただけで放送禁止になったのに、この”Armageddon Days Are Here (Again)”は、普通にPVが流れてたことも「こっちの方が、あかんと思うけど、時代が変わったか???」と感じたものです。ぜひ、真に受け(過ぎ)ずに、お聴きください。最近、富に無くなってしまった、社会的メッセージを含んだエンターテイメントとして ; ) • UGMBのインスタグラムでは、B1の”The Beat(en) Generation”を紹介しています。こちらは、サッチャー政権下で喘いだ若者世代に捧げられた哀歌です。 • 『かつては誇り高き民と呼ばれたもの末裔のキミたちも、今や恐怖と憎しみで心がいっぱいになってきたようだ。 欲張り政治家どもの汚い手と、半分の真実にそそのかされて。打ちひしがれた世代。偏見と間違った情報を仕込まれて。かわいそうにも、打ちひしがれた世代。その目と想像力だけは、決して閉じないでおくれ。』 • 30年ちょっと前の曲ですが、今の若者たちにも贈りたくなるような歌詞です。Johnny Marrの美しいコード・ワークとハーモニカに救われます。 • UGMBのインスタ定点動画は、以下のリンクからご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3a5IepV> •• • UK Limited Press, 1989, USED. Cat#: 4633191 (Epic/Some Bizzare) Genre: Rock, Alternative Rock • Songs List; A1. Good Morning Beautiful A2. Armageddon Days Are Here (Again) A3. The Violence Of Truth A4. Kingdom Of Rain B1. The Beat(en) Generation B2. August & September B3. Gravitate To Me B4. Beyond Love • Jacket Condition: EX Vinyl Plate Condition: EX *with printed inner sleeve with lyrics, inside. *Large size color poster, inside. ポスター付。 •• • ”Armageddon Days Are Here (Again)” Are you ready, Jesus? “Uh huh” Buddha? “Yeah” Muhammad? “Ok” Well allright fellas, Let's Go! They're 5 miles high as the crow flies Leavin' vapour trails against a blood red sky Movin' in from the East toward the West With Balaclava helmets over their heads, yes! But if you think that Jesus Christ is coming Honey you've got another thing coming If he ever finds out who's hi-jacked his name He'll cut out his heart and turn in his grave Islam is rising The Christians mobilising The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds It's war, she cried, It's war, she cried, this is war Drop your possessions, all you simple folk You will fight them on the beaches in your underclothes You will thank the good lord for raising the union jack You'll watch the ships out of harbour And the bodies come floating back If the real Jesus Christ were to stand up today He'd be gunned down cold by the C.I.A. Oh, the lights that now burn brightest behind stained glass Will cast the darkest shadows upon the human heart But God didn't build himself that throne God doesn't live in Israel or Rome God belong to the yankee dollar God doesn't plant the bombs for Hezbollah God doesn't even go to church And God won't send us down to Allah to burn No, God will remind us what we already know That the human race is about to reap what it's sown Islam is rising The Christians mobilising The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds Armageddon days are here again • • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 • 昨年末に、UGMBにて行われたmixtape公開録音作品「inner places」のpt.2、pt.3がようやく完成しました(こちらは、pt.3)。dj kussyが長く続けているmix cloudでのmixシリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた本シリーズ。前作pt.1から、そのままの時系列で展開されていますが、やはり時間の経過とともに、彼の味が出てきているところは、時間のマジックか、それとも酒量との関係か??? 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待くださいー/ • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Title: inner places 20201228 pt.3 Cat#: KSM-04 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud: https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 • 昨年末に、UGMBにて行われたmixtape公開録音作品「inner places」のpt.2、pt.3がようやく完成しました(こちらは、pt.2)。dj kussyが長く続けているmix cloudでのmixシリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた本シリーズ。前作pt.1から、そのままの時系列で展開されていますが、やはり時間の経過とともに、彼の味が出てきているところは、時間のマジックか、それとも酒量との関係か??? 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待くださいー/ • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Title: inner places 20201228 pt.2 Cat#: KSM-03 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud: https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 4,180
  • 伝説のリズムマシン”TR-808”をモチーフにしたリズム遊びと物語の児童書が、なんとアブドゥール・ハックの絵とアートとともに刊行!気がつけば、親世代どころか、祖父母世代となった(!)我が国のテクノ/ハウス第1世代に捧ぐ、ありそうでなかった児童向け音楽教育書!世の中、くだらない音楽ばっかりになっちまったぜ…とお嘆きの貴兄貴姉にオススメ!これで子供たちと一緒に遊び・学び、明日の、明後日の日本の音楽文化を再構成しませう! • 史上初! 紙製「TR-808」付録つき 16本のバーを上下に動かしてオリジナルのリズムパターンを組むことができる仕掛け付録、 その名も「TR-808」が付属します。 •• 著者: 小林“ミミ”泉美 『うる星やつら』『さすがの猿飛』『ストップ!!ひばりくん!』などの主題歌を担当。 70〜80年代、自身のバンドやソロ活動を中心に、高中正義、松任谷由実、井上陽水などの ライブ・メンバーとして活躍し、85年に渡英。ファンク、ラテン、アフロなどのスタイル を得意とする凄腕鍵盤奏者として、現在もヨーロッパを中心にライブ活動を展開中。昨今の シティ・ポップの世界的再評価により、今、また世界の注目を集めている。 • 絵/アートワーク:A. Qadim Haqq(アブドゥール・カディム・ハック) デトロイト出身・在住のビジュアル・アーティスト/アフロ・フューチャリスト。 89年、デトロイト・テクノの最重要レーベルのひとつ「Transmat」のレーベル・アートを担当し、ビジュアル・アーティストとしての活動を開始。98年、Underground Resistanceに参加。以降、UR作品を中心に、数えきれないほど多くのデトロイト・テクノの名盤のアートワークに携わる。そんな彼の活動履歴は、すなわちデトロイト・テクノの歴史といっても過言ではない。ちなみに、彼が幼少期に観た日本のアニメ、『Battle of the Planets』 (『科学忍者隊ガッチャマン』のアメリカ版)、『Robotech』 (『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創 世記モスピーダ』を再編集した海外版)は、彼の想像力の源泉とのこと。 2020年には、グラフィック・ノベル『The Book of Drexciya Vol.1』を刊行し、世界的な話題となった。 •• 書籍情報: 書名:エイト・オー・エイト - 声と手拍子で遊ぶリズム絵本 - 判型:A4判 / 頁数 28ページ 仕様:リング製本 付録:紙製仕掛け付録「TR-808」付き ISBN:978-4-9911538-0-8 C8773 対象年齢 小学1年生以上 制作/出版 : monogon、株式会社ソノリテ 定価:¥3,800- + Tax 10%

  • ¥ 3,100
  • 『アフリカから(ヨーロッパの覇権国・白人たちの呼称による)新大陸への向かう奴隷船では、商品として船底に鎖で繋がれたアフリカ人奴隷たちが、地獄のように劣悪な環境下で、次々と命を奪われていった。最初から死亡率を含んで値付けをしていた悪魔のような奴隷商人たちは、死んだ者はもちろんのこと、病気になった者たちも海に投げ捨てていた。病気を感染させて、それ以上の死人を出さないために...。しかし海に投げ捨てられた者たちの中から、かろうじて命を繋いだ者たちがいたのだ。海中深く、独自の進化を遂げ、水陸両生の種族「ドレクシアン」として蘇り、自分たちを母なる大地から切り離し、愛する者たちと離れ離れにした、憎き覇権主義者どもに、復讐の鉄槌を下す...』というコンセプトの下、ハードでダークなエレクトロは展開した「UR」史上、最凶と言っていい『憎しみの権化』Drexciyaのストーリーを当初から視覚化してきたグラフィック・アーティストAbdul Qadim HAQQが、『Cowboy Bebop』などアニメ作品の脚本家として知られる佐藤大氏と組んで、壮大な叙事詩に昇華させた作品『The Book of Drexciya - Vol. One』。 Tresor(GER)が出版しているハード・カバーver.に対し、本作はHAQQ自身がデトロイトで印刷・製本・出版したソフト・カバーver.です。 第1章「The Origin of The Drexciyan」 第2章「Dr. Blowfin Discovers Neptune's Liar」 第3章「Wave Jumpers」 第4章「Dance Night in Drexciyan」 第5章「Bubble Metropolis」 76 Pages / Full Color / Soft Cover / Printed in DETROIT USA Size: 287mm(H) / 197mm(W) / 7mm(D) UG特製・URステッカーの特典付き!

  • ¥ 19,950
  • 再入荷いたしました! ***************************************** お待たせしました〜!!!! やはり、前回もソールド・アウトとなってしまったUR Record Bag。待望の再入荷が決定です!レコードを入れるのはもちろんのこと、PCバッグや、機材バッグとして、またはタウン・ユースにもバッチリのサイズ感です。これを背負えば、背筋もピンと伸びるはず ; ) •• *バックパックでも、ショルダーでも、手さげでも使用できる3Way仕様となっております。 •• Cat# : URM-2020-1 カラー:ブラック only サイズ : 350mm / 350mm / 180mm (W/H/D) *布製品につき若干の誤差をご了承ください。 収納レコード枚数 : 12inch、約45枚程度 仕様:バックパックでも、ショルダーでも、手さげでも使用できる『3Way仕様』。    着脱式ショルダー・ベルト付属、ヘッドホン用ポケット付、    カートハンドル用ホルダー付、収納式バックパック・ベルト付属 ***** <追加記載:2020/07/23> *製造工程の遅延につき、発売日が大幅に延期となり、大変ご迷惑をおかけいたしました。 *コロナ禍の影響で輸入コストに大幅な超過が発生したため、前回予約受注時より価格改定を  させていただきました。何卒、ご理解くださいませ。なお、すでにご予約をいただいており  ますお客様には、予約時の価格にてご提供させていただきます。 *若干数の追加分の入荷となっております。なくなり次第の終了とさせていただきます。ご理解  ください。 <追加記載:2020/12/04> *米国および英国でのコロナ禍状況により、長らく製造〜流通がストップしておりましたが、新たな輸送経路の確保により、年内にご用意することが可能になりました。 <追加記載:2020/12/15> *入荷完了!明日、12/16より配送開始いたしますー!

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 1作目が大好評の”DJ Kussy”からの新作は、UGMBにて行われるmixtape公開録音、その名も「inner places」。彼が長く続けているmix cloudでの1シリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた「inner places」。 その第1弾、1本で仕上げる予定が、全部捨てがたい!とのことで、急遽、pt.1/2/3と全編3部作でのリリースとなりました! 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待ください! • •• Running Time: About 60min. *60分テープを使用していますが、実録音時間はおおよそ60分とします。 Cat#: KSM-02 (Promo) Title: inner places 20201228 pt.1 Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud:https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 [2020/12/29 - 追記] 発売予定日に誤りがございました。本品は、2021/1/05の発売/発送開始となります。 お詫びとともに、訂正させていただきます。 [2021/01/06 - 追記] 続編のリリースが決まり、本編のタイトルを"inner places 201228 1/3"に変更しました。

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ。 神戸を拠点に活動する”dj kussy”から届いた1作目は、毎年、神戸市中で開催される『神戸文化祭』へのUG参加企画のオープニング・パーティーとして、同じく共同参加者のスペイン・バル”La Luna”で開催した時の記念Mixです。 • dj kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評!! • ”dj kussy”のMixcloud Pageにてダイジェストをお聴きいただけます。 <https://bit.ly/3gQLp7i> • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Cat#: KSM-01 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less • •• *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 1,540
  • UGロゴ・サコッシュに、ミニ・サイズが新登場です! 定番シリーズのサコッシュよりも、さらに小さく、縦型のコンパクトなショルダーバッグ。 小さくても最低限のモノはしっかり入ります。 一般的な長財布もすっぽり入りますし、ペンにメモ用ノート、小さな電卓...なんて、仕事用のアイテムとしても使えちゃいますよ ; ) Style#: UGLS-003 Color: Black Size: H25 x W21 (Strap:110)

  • ¥ 1,650
  • UGロゴ定番シリーズのサコッシュ、新タイプで復活ですー! 前回よりも、少しだけ容量アップ。ストラップがトップ仕様となり、ボディが型崩れしにくくなりましたー! 普段の「ちょっとそこまで〜」という時や、出先や旅先で貴重品だけ身につける時にもってこいのアイテムですー! Style#: UGLS-002 Color: Black Size: H24 x W30 (Strap:110)

  • ¥ 2,435
  • Jon Dixon、DeSean Jones、Mark Flash、そしてMike Banksによる、現行編成の新生TIMELINEの1st EP "The Conscious Dream EP"。2014年の初回リリース直後に完売し、URからのリプレスが発表されるも、プレス工場のトラブルにより、長らくお蔵入りになっていた作品が、待望のリプレス完了!!! URメンバー間で言うところの(?)「Mike Chord」を基礎としながら、JonのスムースなKeyboard workと、DeSeanのJazzyなSax workが冴える、Future Jazz ライクなこれぞ”Timeline”という3トラックを配した作品。佳曲揃いにもかかわらず、リプレスが成されなかったため、中古市場では高値が続いておりました。 Mike Banks、Gerald Mitchell、DJ Dex、Ray 7によって2004年に編成されたユニット “Timeline”。演奏を主体としながらも、サウンド・ループやスクラッチといったダンス・ミュージック・マナーを強く取り入れていくことで、”G2G”ユニットとの差異を図ろうというのは、当初のMIke Banksの意図でした。メンバーは、この2つのユニットを行き来する流動的な編成で、ある意味「G2GのB面」的な存在であったとも言えます。 Mike Banksのソロ・ワークに、Jon DixonとDeSean Jonesをフューチャーする形(作品としては、UR-85がそれに当たる)の過程を経て、Mark Flashがリズム・セクションに参加するようになった現行編成として、今作"The Conscious Dream EP”が1st、“Timeline”ユニットとしては、4枚目の作品となります。 Cat#: UR-087 試聴リンク: A1.L ight My Fire <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_1.mp3> A2. Moment In Marseille <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_2.mp3> B1. Next Step 4wrd <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_3.mp3>

  • ¥ 1,650
  • 2021.04.04(Sat) 本日の1枚は、URのMike BanksがUR以前に運営に参加していたHouse Labelの”Simply Soul”と”Soul City”からリリースされていた「埋もれた名曲」をリイシュー・コンパイルした『The Soul City EP』ですー。いわゆる王道ゴスペル・ハウスの力強い4曲がコンパイルされています! • そして、UGMBの定点動画BGMでは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師による生前最後のスピーチとともに、本作からの1曲“Stand Up For The Soul”が、Mix Upされています。というのも、1968年の今日、キング牧師が生前最後のスピーチを残した日でもあるのです。そして翌日、凶弾に倒れます。スピーチの締めくくり方が、まるで翌日に訪れる自らの死を予見したかの内容であることが、今でも語り継がれています。ただ、今日、UGMBの定点動画でご紹介しているのは、そのくだりの少し前、アメリカでの自由表現に関する部分を抽出しました。今、中国やミャンマーでのできごとに通じると思ったからです。加えて、“Stand Up For The Soul”のシンプルなトラックが、メッセージをアクセラレートしてくれると。以下に、スピーチの内容をご紹介していますので、よろしければ、ご覧ください。 • まずは、以下のリンクから、UGMBのインスタ定点動画をご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3rMX0In> • • One part of speech “I’ve been to the mountaintop” All we say to America is, "Be true to what you said on paper." If I lived in China or even Russia, or any totalitarian country, maybe I could understand some of these illegal injunctions. Maybe I could understand the denial of certain basic First Amendment privileges, because they hadn't committed themselves to that over there. But somewhere I read of the freedom of assembly. Somewhere I read of the freedom of speech. Somewhere I read of the freedom of press. Somewhere I read that the greatness of America is the right to protest for right. • • 最後のスピーチ『険しい山の頂に登ったのだ』からの抜粋 我々がアメリカに言いたいのは、「自らが新聞報道で公に述べたことに、忠実たれ」ということだ。 もし、私が中国や、ロシア、もしくはどこかの全体主義国家に住んでいたならば、おそらく、米国憲法修正第一項(*注1)で述べられている、国民に与えられた基本権が拒絶されることを理解するだろう。なぜなら、それらの国では、国民にそのような権利を認めていないから。 しかし、この国では、集会の自由についての記事を読んだことがある。 言論の自由についての記事を読んだことがある。 報道の自由についての記事を読んだことがある。 この国の、公の報道で私は読んだことがあるのだ!アメリカの偉大さは、正義のためなら、権力に対して反抗する権利が我々国民にあることだと! *注1: アメリカ合衆国憲法で定められている条項で、国教の樹立を禁止し、宗教の自由な行使を妨げる法律を制定することを禁止。また、表現の自由、報道の自由、平和的に集会する権利、 請願権を妨げる法律を制定することを禁止している。 制定は、1791年12月15日、権利章典を構成する10の修正の1つとして採択された。 •• • ORG press in 2011, New as Dead Stock. Cat#: SWEAT-4 Label: SWEAT/Underground Resistance Genre: House, Detroit House • A1. Joyful Sounds Of Soul - “Never Give Up Hold On” [Written By W. Beaver, D. Hall] A2. Donnie Mark - “Stand Up For The Soul” [Written By D. Mark, M. Banks] B1. D’Lareg - “Better Way” [Written By G. Mitchell] B2. Robyn Lynn - “Your Love Is So Good To Me” [Written By M. Banks, R. Lynn] • Jacket Condition: New Vinyl Plate Condition: New •• • *本品は輸入盤です。商品の検品を施しておりますが、過度に盤面プレスのクオリティを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 2,435
  •  デトロイト・テクノという言葉がまだ存在しない時代、1980年代初頭のデトロイト・ディスコ・シーンから活躍するベテランJohn Collins。デトロイト・クラブ・シーンの生き字引的存在で、その温厚な人柄から、彼を慕うアーティストは数多い。Mike Banks、Jeff Millsらとは当時からの付き合いである彼が、URに参加するようになるのは、Submergeが現在の場所(Grand BLVD, 3000)に移ってからの、UR第3期からである。この第3期には、第2期からのメンバーに加え、西海岸や欧州、そして日本といったデトロイト以外からメンバーが参加し始めた時期で、それまでのデトロイト純血姿勢から、Undergroundとしての多様性を求め始めた時期でもある。 実はMike Banksは、URを始める前、Happy RecordsというHouse Labelを運営していた。その頃の作風が、UR初期の作品群の中にも垣間見れるのだが、彼は言わずと知れたHouse Music フリークなのである。故に、URの活動の中にも、そのHouse Musicのテイストを重要視していて、House MusicをちゃんとプレイできるテクノDJという括りが、URキャンプには存在していて、当時、それを担っていたのが、DJ S2ことSantiago Salazarと、このJohn Collinsだった。  UR第2期のDJといえば、DJ Rolandoが世界各地を席巻したが、これは偏に、”Knight of Jaguar”の世界的なヒットが、その理由である。この曲はRolandoによる作品ではなく、Mike BanksとGerald Mitchellが共作し、Rolandoはミックスを担当したに過ぎないことは、リリースから20年が経つ現在、もう公にしてもいい事実だと思う。URは、先述のように、バンドというよりは、キャンプと呼ぶ方がしっくりする組織であり、基本理念は、グループとして無名共産共栄である。その意識の下に、DJとして類い稀なる才能のRolandoを世界に送り出すため、彼の代表曲となるような作品を創ろう!として発表されたのが、Jaguarであり、そのクレジットにはURではなく “DJ Rolando aka Aztec Mystic”と記された。これは、結果、グループ内に大きな功罪を生み出すことになるのだが、この理想としての理念を捨てきらず、ひとつの公式として新たに用いられた作品が、本作「YEAH」である。  本作は、John Collinsのプレイ・スタイルを念頭に、Mike Banksが、同じくUR DJであるDJ Skurgeとともに産み落としたFunk Technoトラックである。製作時の裏話を少し…。テクノDJたちのプレイに対応するようにオリジナルのBPMを設定してあるが、実は少し遅めのプレイの方が、元々のスタイルとなっている。オリジナルのリリースから10年、今なら、この少し遅めのプレイの方がしっくり来るのが、面白い。 Cat#: UR-080 試聴リンク: A.Yeah <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-080_1.mp3> B. All We Need <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-080_2.mp3>

  • ¥ 1,650
  • URの隠れた名曲 “Good Time”[2009 created in KOBE, 2010 released] 2009年の夏、DJ Skergeを連れて、お忍びで神戸に遊びに来たMike Banks。ゆっくりしに来たはずなのに、いろんなアイデアが浮かんでしまい、2日目から急遽のスタジオ・ワークが始まり、完成したのが今作 “World Power Alliance - Somewhere in Japan EP”。 この”World Power Alliance (略して”WPA”)”は、URと意識を共有する世界同盟というテーマのシリーズで、今作はDetroitを離れて、日本で、神戸で製作したことから、このシリーズとしてリリースされました。今回、ご紹介するのは、このEPに収録された”Good Time”。始まりは不穏な空気を感じさせるMoog BaseとKickだけ、その後Hand Crapが加わってくるとUR90年代の名曲”The Warning (by The Surburban Knight)”を彷彿させる、Mikeお得意のDark Funk Techno。とてもシンプルでなんだけれども、音の隙間が気持ち良く、それゆえにMixしがいのあるTrackです。2020年現在、もう10年前の楽曲だけれども、DJの方々に、現在進行形の様々な形/MixにUpdateしていただきたい、そんなURの隠れた名曲です。 ちなみに、こちらのレーベル・アートは、神戸・元町〜三宮の地図と、大阪・福島の地図が施されています。神戸は分かるけど、なぜ福島?答えが聞きたい方は、UG Music Barまでお越しください ; ) Cat#: WPA-04/UR-079 試聴リンク: A1: Good Time <https://audition.undergroundgallery.jp/WPA04UR079_1.mp3> B1: Find Your Friend *Recorded Somewhere in Kobe. <https://audition.undergroundgallery.jp/WPA04UR079_2.mp3>

  • ¥ 3,333
  • “Underground Gallery”Original Logo Tシャツ、再入荷!! すっかりお馴染みのUGロゴT。ご要望にお応えして、少量の制作/入荷しました! 実は、このロゴTには、反戦のメッセージが記されています。 “no freedom in wartime, no even listen to the music you like… so i say no war. simple” ~戦時下では一切の自由はない。好きな音楽を聴く自由すらない。だから反戦。シンプル。~ コロナ渦で、世界中で、様々な自由が制限される中、改めて戦争よりマシだと感じています。 好きな音楽を楽しむ自由が認められているだけでも…。 ....................................................... カラー : Black with White Logo 素材:Cotton 100% サイズS:着丈 : 65 / 身幅 : 48 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ M:着丈 : 68 / 身幅 : 50 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ L:着丈 : 71 / 身幅 : 53 / 袖丈 : 21(単位:cm) サイズ XL:着丈 : 75 / 身幅 : 58 / 袖丈 : 22(単位:cm) *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。

  • ¥ 3,333
  • “Underground Gallery”Original Logo Tシャツ、再入荷!! すっかりお馴染みのUGロゴT。ご要望にお応えして、少量の制作/入荷しました! *Whiteは、現在、在庫のみの取り扱いとなっております。 実は、このロゴTには、反戦のメッセージが記されています。 “no freedom in wartime, no even listen to the music you like… so i say no war. simple” ~戦時下では一切の自由はない。好きな音楽を聴く自由すらない。だから反戦。シンプル。~ コロナ渦で、世界中で、様々な自由が制限される中、改めて戦争よりマシだと感じています。 好きな音楽を楽しむ自由が認められているだけでも…。 ....................................................... カラー : White with Black Logo 素材:Cotton 100% サイズS:着丈 : 65 / 身幅 : 48 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ M:着丈 : 68 / 身幅 : 50 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ L:着丈 : 71 / 身幅 : 53 / 袖丈 : 21(単位:cm) サイズ XL:着丈 : 75 / 身幅 : 58 / 袖丈 : 22(単位:cm) *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。

  • ¥ 4,730
  • Mike Banksが神戸のUG Storeに記したメッセージをそのまま配したUG定番Tシャツが、数量限定でBack In Stock! Undergroundという言葉が氾濫してきたな…と思い始めた数年前、この主義/思想を、何か、別の言葉で表現できないかな…と考えていた時に、ふと目に飛び込んだMike BanksのAutograph、それが、当時のUG Storeに飾られていた”Intersteller Fugitives”のポスターに記されていたメッセージ “Stay Outta Sight!”。訳せば「潜んでいろ!」と言ったところか。 コロナ渦で、社会に不穏な空気が流れている中、新しい意味とともにご用意しました。 こちらは、少しEuropeテイストなシルエットに、柔らかい肌触りのCotton100%、 5.0オンスのレギュラー・フィット仕様。 ------ Color: Black Size: サイズ (Size) / 着丈 (dress length) / 身幅 (width of garment) / 肩幅 (shoulder length) / 袖丈 (length of a sleeve) GIRLS / 59cm / 42cm / 38cm / 17cm S / 65cm / 48cm / 40cm / 20cm M / 68cm / 50cm / 42cm / 20cm L / 71cm / 53cm / 44cm / 21cm XL / 75cm / 58cm / 46cm / 22cm *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。 Material: Cotton 100%