Reggae Music

  • ¥ 3,850
  • 2020.11.16(mon) 神戸文化祭2020参加企画 ”fujisan” photo exhibition「いつしかの夏の思い出」、無事閉幕!多くの方にご観覧いただき、ありがとうございました!今夜のUGMB Insta Movie(まだUGMBのinstaをチェックいただいていない方は、プロフィールからよろしくですー)のBGMは、『「いつしかの夏の思い出」のそのまた思い出』というわけで、感謝を込めて、極上のDub Musicを選曲しております。”The Revolutionaries feat. Linval Thompson”の”Roots Dub”です。そして、こちらでは、その楽曲が収録されたダブ・アルバムの名盤をご紹介します ; ) •• 本作は、1978年にリリースされた “Linval Thompson”のアルバム『LOVE MARIJUANA』のダブ・アルバム。その日本盤です。アルバムの完成度の高さ、特に”The Revolutionaries”の演奏の素晴らしさに、“Linval Thompson”自身が感動して、自らプロデュースとアレンジを買って出て制作されたアルバムとのこと。”The Revolutionaries”の、この78年ごろの脂の乗りとメンツを考えれば「そりゃそうでしょ!」と疑う余地なしです。”Wailers”のファミリーマン・バレットに、映画”Rockers”主演で有名なホースマウス、TAXIコンビのスラ・ロビ、カミソリ・カッティングのチナ・スミス、そしてオルガンの名手オジー・ハイバートとくれば、泣く子も黙る布陣でございます。最近海外で高評価の70年代日本盤レゲエ・バイナルでのご紹介です。 • JPN Press. 1978. Cat#: PA-6334 (Trojan/TRIO Records JPN) Genre: Reggae/Dub • Songs List; A1. Rock Me In Dub A2. Channel One In Dub A3. Thompson In Dub A4. Negrea Africa Dub A5. Jah Jah Children Dub B1. Lion Dub B2. Natty Dread Dub B3. Roots Dub B4. Jamaica Calley Dub B5. Africa Love Dub • Personel; Bass – Aston “Family Man” Barrett, Robert Shakespeare Drums – Leroy "Horsemouth" Wallace, Sly Dunbar Guitar – Earl "Chinna" Smith Organ – Ossie Hibbert Piano – Ansel Collins Vocal, Producer, Written-By, Arranged By – Linval Thompson • Jacket Condition: EX Vinyl Plate Condition: EX with Obi and Liner Notes(JPN) •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2020.09.01(tue) この日のUG Bar Selectionは、先日、惜しくも逝去されたFrederick "Toots" Hibbertをリード・シンガーに擁した伝説的Reggae Band “Toots & The Maytalsの名盤。UG Music Barのinsta movie BGMでは、代表曲のひとつ “Pomp And Pride”をご紹介しています。 •• Reggaeと云うジャンル名、その由来は諸説色々ございますが、彼らの楽曲”DO The Reggay”が大元だと言われています。で、その”Reggay”の意味は、現地の言葉(パトワ)で「ぼろ着」という意味なんだと、今から27年前、彼の地のラスタに教わりました。ジャマイカの歴史的背景を下に、メント〜カリプソ〜ソカ〜スカ〜ロック・ステディと進化してきた音楽スタイルが、60年代の黒人文化復興〜公民権運動などと呼応して、ラスタファリズムと結びつき、それまでの西洋欧米迎合ではなく、自分たちのオリジナルとして「スマートじゃなくても、リアルであればいい」とダウンテンポ化したサウンド・スタイルに「ぼろ着」という意味の”Regge”もしくは”Reggay”という言葉を当ててくるところが「いかしてるなー」と思ったものです。まさに『ぼろは着てても心は錦』だと…。で、そのオリジナルな「ぼろ着」スタイルが、逆に西欧欧米のミュージシャンたちに『クール』だと捉えられ、大きな影響を与えていくわけですから、痛快痛快。そして、そこに学ぶべき大きなヒントがあると思います。 •• UK Reissued. 1981.(Org.1976) Cat#: TRLS-201 (Trojans) Genre: Reggae/Roots Rock • Songs List; A1. Sit Right Down A2. Pomp And Pride A3. Louie Louie A4. I Can't Believe It B1. Redemption Song B2. Daddy B3. Funky Kingston B4. It Was Written Down • ジャケット・コンディション: EX レコード盤コンディション: EX • *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態