• ¥ 3,300
  • 2021.04.13(Tue) 本日の1枚は、トリニダード・トバゴの闘う音楽家”Brother Resistance”こと”Lutalo Masimba(ルターロ・マシンバ)が1986年にリリースした超レア盤『Rapso Take Over』の奇跡の公式リイシュー盤です!しかも、ほぼ未使用! • “Rapso(ラプソ)”、トリニダード・トバゴのカリプソを素地に、1960年代後半からのBlack Power Movementの台頭に呼応して、ReggaeやAfrobeatの要素を取り込み、メッセージ性の強い歌詞を乗せて進化した音楽スタイル。1980年代に入り、Hip HopやElectro、そしてDancehall Reggaeから、さらに強い影響を受けて、ビートが強力になる、そんな1986年にイギリスはLondonで録音されたのが、本作『Rapso Take Over』。時は折しも、反アパルトヘイトがアーティストの共通意識だったころで、アフリカの悪政に苦しむ民を助けようという気運が満ちている時代のど真ん中。様々なBlack Protest Songsが生まれました。90年代に入り、Acid Jazz Movementの派生で、Afrobeatが再評価され、本作も、Norman Jayらの手でHook Upされていたのを覚えています。おかげで、一時は中古市場で数百ポンドで取引されていた『Rapso Take Over』、オーストラリアのDiggerによって、2015年、奇跡の公式リイシューとなりました。もちろん完全限定プレスでしたので、今や、このリイシュー盤も高値で取引されています!おそらく、もう二度と入荷しない(と言い切る!)本作、お買い逃しなくー! • まずはUGMBのインスタ定点動画でBGMとしてプレイしておりますので、以下のリンクからご覧ください。 曲はA3の”Dancin Shoes Rapso”、さわりの部分です ; ) UGMB instagram <https://bit.ly/3g7soPA> •• • Australia Reissue Very Limited, 2015, USED. Cat#: LER1003 (Left Ear Records) Genre: Rapso, Calypso, Disco, Dub, Afrobeat • Songs List; A1. Star Warz Rapso A2. Wars In Space Dub A3. Dancin Shoes Rapso B1. Ring De Bell (Part 1) B2. Children Of Soweto B3. Rapso Take Over • Jacket Condition: Mint Vinyl Plate Condition: Mint • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 5,500
  • 2021.04.12(Mon) 今日の1枚は、80〜90年代UK Conscious Rockの雄、Matt Johnson率いるThe The(ザ・ザ)が1989年にリリースした4th Album『Mind Bomb』をご紹介します。The Smiths解散直後のJohnny Marrが参加したことで話題になりました。また、A2に収録の”Armageddon Days Are Here (Again)”の歌詞が物議を醸し、当時、ライブ会場がテロの標的になるのではないか?と心配もされました。こちらの歌詞、いつものように下部に紹介しておりますので、興味のある方はご覧になってください。 • 仰々しいコーラス・チャントから始まる”Armageddon Days Are Here (Again)”。ジーザスとブッダとマホメットへの呼びかけがカウントMCになっているところで、吹き出してしまいそうな曲ですが、ところどころ、面白いなーと思うセンテンスが散りばめられています。 • 『イエス・キリストが再来すると思ったら、大間違いだ。自分の名前を都合よく利用されている現世を見たら、すぐさま自分の墓に戻っていくに決まってる』 『もし、イエスが生き返ってきてくれたとしても、皆の知らぬ間にCIAに消されるはずさ』 『神はイスラエルにもローマにも居ない。神はアメリカ野郎の金には属さない。神はヒズボラのための爆弾作りを手伝わない。神は教会にすら行かない。神はアラーを焼き尽くすためにオレたちを(戦地に)送り込んだりしない。そもそも神はオレたち人類のことなんて思い出しもしないことは、とっくに分かってることで、てめえが撒いた種は、てめえが刈取れってことだ。』 • 生き返ったらCIAに暗殺されるってのは、「そうやよなー、世の中全部ひっくり返って、株価は暴落して、現行の権力は一切機能しなくなるよなー」と、聞いた当時、納得したものです ; ) そして、このたった12年前にリリースされたSex Pistolsの”Anarchy in the UK”は『オレは反キリストで、無政府主義者だ!』と歌っただけで放送禁止になったのに、この”Armageddon Days Are Here (Again)”は、普通にPVが流れてたことも「こっちの方が、あかんと思うけど、時代が変わったか???」と感じたものです。ぜひ、真に受け(過ぎ)ずに、お聴きください。最近、富に無くなってしまった、社会的メッセージを含んだエンターテイメントとして ; ) • UGMBのインスタグラムでは、B1の”The Beat(en) Generation”を紹介しています。こちらは、サッチャー政権下で喘いだ若者世代に捧げられた哀歌です。 • 『かつては誇り高き民と呼ばれたもの末裔のキミたちも、今や恐怖と憎しみで心がいっぱいになってきたようだ。 欲張り政治家どもの汚い手と、半分の真実にそそのかされて。打ちひしがれた世代。偏見と間違った情報を仕込まれて。かわいそうにも、打ちひしがれた世代。その目と想像力だけは、決して閉じないでおくれ。』 • 30年ちょっと前の曲ですが、今の若者たちにも贈りたくなるような歌詞です。Johnny Marrの美しいコード・ワークとハーモニカに救われます。 • UGMBのインスタ定点動画は、以下のリンクからご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3a5IepV> •• • UK Limited Press, 1989, USED. Cat#: 4633191 (Epic/Some Bizzare) Genre: Rock, Alternative Rock • Songs List; A1. Good Morning Beautiful A2. Armageddon Days Are Here (Again) A3. The Violence Of Truth A4. Kingdom Of Rain B1. The Beat(en) Generation B2. August & September B3. Gravitate To Me B4. Beyond Love • Jacket Condition: EX Vinyl Plate Condition: EX *with printed inner sleeve with lyrics, inside. *Large size color poster, inside. ポスター付。 •• • ”Armageddon Days Are Here (Again)” Are you ready, Jesus? “Uh huh” Buddha? “Yeah” Muhammad? “Ok” Well allright fellas, Let's Go! They're 5 miles high as the crow flies Leavin' vapour trails against a blood red sky Movin' in from the East toward the West With Balaclava helmets over their heads, yes! But if you think that Jesus Christ is coming Honey you've got another thing coming If he ever finds out who's hi-jacked his name He'll cut out his heart and turn in his grave Islam is rising The Christians mobilising The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds It's war, she cried, It's war, she cried, this is war Drop your possessions, all you simple folk You will fight them on the beaches in your underclothes You will thank the good lord for raising the union jack You'll watch the ships out of harbour And the bodies come floating back If the real Jesus Christ were to stand up today He'd be gunned down cold by the C.I.A. Oh, the lights that now burn brightest behind stained glass Will cast the darkest shadows upon the human heart But God didn't build himself that throne God doesn't live in Israel or Rome God belong to the yankee dollar God doesn't plant the bombs for Hezbollah God doesn't even go to church And God won't send us down to Allah to burn No, God will remind us what we already know That the human race is about to reap what it's sown Islam is rising The Christians mobilising The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds The world is on its elbows and knees It's forgotten the message and worships the creeds Armageddon days are here again • • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 2,200
  • 2021.04.11(Sun) 3日連続のThe Police特集の後の、今日の1枚は、まさかの(またかの?)Sting、1985年にリリースされた1st Solo Album「The Dream Of The Blue Turtles」。UGMB定点動画のBGMでは『早く月を眺める時間帯に、酒を交わしたいもんですねー』との意味を込めて、B4の”Moon Over Bourbon Street”をチョイスしていますが、こちらで紹介したいのはA3の”Russians”。東西冷戦の緊張が極まり、国連が提唱した、人類滅亡までの残り時間を表す終末時計が「あと7分」と示した80年代を西側の立場から歌った曲です。UGMBで流すには、ちょっとヘビーなのですが、UGではこれくらいがいいかと…。 • アメリカとソビエト(当時)が、お互いに最終兵器の「核(歌詞中では”オッペンハイマーの死神のおもちゃ”と表されています)」を突きつけあって、フルシチョフ(当時のソビエト書記長)は『貴様らを葬り去ってやる』といい、レーガン(当時のアメリカ大統領)は『私たちは(西側の)人々を守ってみせる』と返すが『そんなのどちらも信用できない』と歌うSting。続けて『同じ遺伝子を分けた人類で、イデオロギーなど関係ない、ロシア人も自分たちの子供を愛していると信じたい』と結ぶ。当時、高校生だった私は、またも単純に「そうだ、そうだ」と感じ入るのですが、すぐさま「いやいや、それはロシア人から見ても『アメリカ人も自分たちの子供を愛していると信じたい』って言うでしょうよ。それぞれに、それぞれの正義と信条があって、その違いを認めずに、自分の正義を求めすぎると戦争になるんじゃないのか?」と3つ上のTさんに窘められました。はい、当時、私はこのTさんからいろんなことを学んで、いろんな分野で多大な影響を受けています。この『自分の正義を求めすぎると戦争になる』という価値観は、以降、クサビとして突き刺さっていますが、齢五十を過ぎても、なかなか実践できずにいます…。そして、今のアジア情勢を見るに、同じように過去から学ばず、同じように危険な道を歩んでいるように感じます。そして、2020年、終末時計は「あと100秒」まで進みました。核の拡散に加え、気候変動対策の遅れや、サイバー空間における偽情報の広がりが理由に挙げられています。あと、2分足らずです…。 • この”Russians”、曲はロシアの現代音楽作曲家セルゲイ・プロコフィエフによる交響組曲『キージェ中尉』第2章「ロマンス」の主旋律を引用し、Stingが詞をつけています。今回も下部に歌詞を紹介していますので、興味のある方は、ご覧になってください。 • 若干25歳当時のBranford Marsalisを起用するなど、Jazz Sceneにも話題を生んだ本作。”(If You Love Somebody) Set Them Free”、”Fortress Around Your Heart”、”Love Is The Seventh Wave”、そして”Russians”の4曲がシングル・カットされ、アルバムを含むすべてがチャートインを記録しています。 • 本作は、2008年に、名作のリイシュー・プロジェクトである『Back To Black』(レコードに戻ろう)シリーズでリイシューされたもので、リマスタリングが施され、かつ180gの重量盤となっています。 • UGMBのインスタ定点動画は、以下のリンクからご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3tbyDWc> •• • 180g Heavy Weight Reissue, 2008, USED. Cat#: 0082839375016 (A&M Records/Back To Black) Genre: Rock, Jazz Oriented Rock • Songs List; A1. If You Love Somebody Set Them Free A2. Love Is The Seventh Wave A3. Russians A4. Children's Crusade A5. Shadows In The Rain B1. We Work The Black Seam B2. Consider Me Gone B3. The Dream Of The Blue Turtles B4. Moon Over Bourbon Street B5. Fortress Around Your Heart • Jacket Condition: NM Vinyl Plate Condition: NM *with printed inner sleeve with lyrics, inside. •• • ”Russians” In Europe and America there's a growing feeling of hysteria Conditioned to respond to all the threats In the rhetorical speeches of the Soviets Mister Krushchev said, "We will bury you" I don't subscribe to this point of view It'd be such an ignorant thing to do If the Russians love their children, too How can I save my little boy from Oppenheimer's deadly toy? There is no monopoly on common sense On either side of the political fence We share the same biology Regardless of ideology Believe me when I say to you I hope the Russians love their children, too There is no historical precedent To put the words in the mouth of the president? There's no such thing as a winnable war It's a lie we don't believe anymore Mister Reagan says, "We will protect you" I don't subscribe to this point of view Believe me when I say to you I hope the Russians love their children, too We share the same biology Regardless of ideology But what might save us, me and you Is if the Russians love their children, too • • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.10(Sat) 3日連続のThe Police特集、今日の1枚は、1983年にリリースされた彼らの(オリジナルとしては)最後のAlbum「Synchronicity」。UGMB定点動画のBGMでは、このアルバムから、B1の”Every Breath You Take”をプレイしています。この曲は「キミの一挙手一投足、ぜんぶ見ていたいんだ。愛してるから…』という歌なんですが、この曲に託したメッセージは、「まん延防止等重点措置」発令中の街に出現した『見廻り組』なるモノに対しての違和感・嫌悪感です。 • まずは、以下のリンクから、UGMBのインスタ定点動画をご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/2OCkXVd> • この曲がヒットした頃、中学生だった私には、とても純粋なLove Songだと思っていたのですが、高校生になって英語力も付いてきて、色んな歌詞を深掘りしている時に、ふと気付くわけです、この歌詞の異様さに…。最下部に、歌詞を紹介していますが、結論的にストーカーかよ!と…。当の作者Stingも、その危険性というか影響力へのバランスとして、後に、ソロ第1弾シングル『Set Them Free (if you love someone)』ホントに誰かを愛するなら、自由にしてあげな、という曲をリリースします。で、この辺りが『見廻り組』なるモノに対しての嫌味です。有事とは何も戦争だけのことではなく、禍(わざわい)が発生したことを意味するわけで、時に「戦禍」とも表すわけですが、まるで先の大戦から何も学んでいないかのような権力の使い方に、一抹の恐怖を抱くのは私だけでしょうか?この特高警察のようなモノ、人手が足らないの民間に委託するとか?民間同士で監視し合うなど、まるでお隣の社会主義のふりをした全体主義国家の様です。毎日毎日、罹患者の数をカウントして発表するだけの報道も、まるで大本営発表。そして誰も怒りの声を上げない…大丈夫でしょうか…。高校生の頃にちゃんと訳して、一番怖かった部分『Oh can't you see? You belong to me』、「あぁ、どうしてわからないんだい?キミは僕のモノ(一部)だってことを」。所詮、国家や自治体は、市民をそのようにしか認識していないとすれば…。政治家の理解できない振る舞いや失言の数々も腑に落ちてしまいますね。 • さて、すでにアリーナ・クラスでのワールド・ツアーを成功させるほどのビッグ・タイムに成長したThe Police。本アルバムからは”Synchronicity I”、”Synchronicity II”、”King Of Pain”、”Wrapped Around Your Finger”、そして先述の”Every Breath You Take”という5曲がシングル・カットされ、アルバムを含むすべてがチャートインするほどのヒットを記録し、ワールドツアーも大成功というバンドとしてのピークを集大成として解散するという、当時、話題に尽きないアルバムでした。同時代には、Michael Jackson、Priceなどプラチナ・セールスがどんどん生まれる時代にあって凄いことです。 • その中でも、最もヒットしたのが”Every Breath You Take”。先ほどは歌詞を説明しましたが、最後に、ちょっといい話を。この作品、MTV時代の押しも押されぬヘビロテ作品でもありましたが、このPVを監督したのが、10ccのメンバーでもあったケヴィン・ゴドレイとロル・クレームによる映像ユニット「ゴドレイ・アンド・クレーム」。モノトーンのクールな映像で、バンドの演奏風景を中心素材に演出しています。灰皿からスネア・ドラムに移るオープニングは、当時、中学生だった私にもカッコよく映ったものです。そして、中盤に差し掛かった頃に、突如として現れる窓拭き職人。当時はまったく意識もしなかったのですが、Stingがソロになってすぐに公開されたドキュメンタリー映画『ブリング・オン・ザ・ナイト』の中で、彼が語るThe Police初期のエピソードに、窓拭き職人が登場します。 • 以下は、Stingが話していたエピソード、概要、うる覚えながら… 夢が実現できると感じた瞬間があるか?との問いに『ようやくヒット曲に恵まれたころ、コンサートの後、ホテルの窓の外から窓拭き職人の口笛が聞こえてきて、耳をすませたら、それが”Roxanne”のメロディだった。ようやく夢が叶ったんだと思ったら、涙が出てきた』と。 • ここから先は勝手な想像・妄想… すでに解散を決めていたStingは、きっとこの出来事を、最後のアルバムの、この曲のPVに忍ばせたのではないかと。『オレたちの夢は叶ったんだよ』という意味を込めて。そして中盤に突然現れた窓拭き職人、後半にもう一度現れます。ここでは影抜きながら、カメラ目線で、じっとこちらを見つめています。『オレはずっと見てたよ』とでも言いたげに。そして、オープニングの逆シークエンスのように、スネア・ドラムから、吸殻でいっぱいの灰皿に戻り、曲は終わっていきます。実は、このあと、またも運命的な口笛ならぬ鼻歌を聞くことになるSting。興味のある方は、ぜひ、映画『ブリング・オン・ザ・ナイト』と”Every Breath You Take”のPVをご覧になってください ; ) • 本作は、2008年に、名作のリイシュー・プロジェクトである『Back To Black』(レコードに戻ろう)シリーズでリイシューされたもので、リマスタリングが施され、かつ180gの重量盤となっています。 •• • 180g Heavy Weight Reissue, 2008, USED. Cat#: 0082839373517 (A&M Records/Back To Black) Genre: Rock • Songs List; A1. Synchronicity I A2. Walking In Your Footsteps A3. O My God A4. Mother A5. Miss Gradenko A6. Synchronicity II B1. Every Breath You Take B2. King Of Pain B3. Wrapped Around Your Finger B4. Tea In The Sahara • Jacket Condition: NM Vinyl Plate Condition: NM *without Obi and Liner notes •• • ”Every breath you take” Every breath you take And every move you make Every bond you break Every step you take I'll be watching you Every single day And every word you say Every game you play Every night you stay I'll be watching you Oh can't you see You belong to me How my poor heart aches With every step you take Every move you make And every vow you break Every smile you fake Every claim you stake I'll be watching you Since you've gone I been lost without a trace I dream at night I can only see your face I look around but it's you I can't replace I feel so cold and I long for your embrace I keep crying baby, baby, please Oh can't you see You belong to me How my poor heart aches With every step you take Every move you make And every vow you break Every smile you fake Every claim you stake I'll be watching you Every move you make Every step you take I'll be watching you I'll be watching you (Every breath you take) (Every move you make) (Every bond you break) (Every step you take) I'll be watching you I'll be watching you I'll be watching you I'll be watching you.... • • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.09(Fri) 今日の1枚は(も?)、The Police、1978年リリースのDebut Album「Outlandos D'Amour」。そして(またまたた?)、UGMB定点動画のBGMで、A1の”Next to You”をプレイしています。現在、神戸市で発令中の「まん延防止等重点措置」ですが、UGMBでは時短営業とともに、ずーっと人数制限を施しています。本来なら、たまたま隣同士になったのを愉しむというのが良いところではございますが、今のご時世、なかなか難しゅうございます。という想いをこの曲に託しました(またぁ?)。いつもの如く、下部に歌詞を紹介しておりますので、よければご覧ください ; ) • まずは、以下のリンクから、UGMBのインスタ定点動画をご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3t9J0Kg> • 1978年、パンクの嵐が吹き荒れる時代にデビューしたThe Police。今から振り返ると、大御所Stingが、かつて在籍したバンドという認識の方が多いと思いますが、当時は「最も音楽性の高いパンク・バンド」という触れ込みで日本に紹介されていました。また、Stingの趣味によるReggae的なアプローチから、ホワイト・レゲエという形容詞がつけられていたこともありました。時代ですね…。元々、高校で音楽を教えていたSting、かなり裕福なご子息で、働く必要もなく、ドラムに明け暮れていたら、とてつもなく上達したというStewart Copeland、実はSoft Machineや、The Animalsにも参加していたというスタジオ・ミュージシャンのAndy Summersという、パンクの正反対なバックボーンを持っている3人だったので、当時のパンク・シーンからは敬遠されていた(らしい)。ただ、これも今から振り返ると、ポスト・パンク〜ニュー・ウェーブ〜ポップ・ミュージックにおける無国籍/多様文化主義の橋渡しができたのは、そんな彼らの高い音楽性と演奏能力に加え、社会的なメッセージを歌うだけの知性が備わっていたからだと再認識できます。 • 本アルバムからは、先述の”So Lonely”、”Roxanne”、”Can't Stand Losing You”がシングル・カットされますが、思うようにヒットせず、翌年リリースの2nd Album「Reggatta De Blanc」のヒットを機に、このアルバムが再評価され、1年後にチャートインすることになります。1st Alubumとして思いが詰め込まれているのか、それまでの経験が豊富だからか、いい曲が詰め込まれている作品です。時勢に合わせたのか、本気だったのか、パンクなアレンジ(シンプルなアレンジ?)が、特にA1の”Next to You”などに感じられますが、”Roxanne”、”Can't Stand Losing You”のように、テンポを落として、Reggaeに影響されたようなアレンジでも、とてもよく響く楽曲だと思うので、このパンクなアレンジがレコード会社の意図だったのかどうか、もし彼らに聞く機会に恵まれれば、ぜひ訊ねてみたいと思っています。 • 本作は、2009年に、名作のリイシュー・プロジェクトである『Back To Black』(レコードに戻ろう)シリーズでリイシューされたもので、リマスタリングが施され、かつ180gの重量盤となっています。 •• • 180g Heavy Weight Reissue, 2009, USED. Cat#: 0082839475310 (A&M Records/Back To Black) Genre: Rock • Songs List; A1. Next To You A2. So Lonely A3. Roxanne A4. Hole In My Life A5. Peanuts B1. Can't Stand Losing You B2. Truth Hits Evereybody B3. Born In The 50's B4. Be My Girl - Sally B5. Masoko Tanga • Jacket Condition: NM Vinyl Plate Condition: NM *without Obi and Liner notes •• • ”Next to You” I can't stand it for another day When you live so many miles away. Nothing here is gonna make me stay, (You) took me over, let me find a way. I sold my house I sold my motor, too. All I want is to be Next To You. I'd rob a bank Maybe steal a plane. You took me over, Think I'm goin' insane. What can I do, All I want is to be next to you. What can I do, All I want is to be next to you. I've had a thousand girls or maybe more, But I've never felt like this before. But I just don't know what's come over me, You took me over, take a look at me. What can I do, All I want is to be next to you. What can I do, All I want is to be next to you. All I want is to be next to you, All I want is to be next to you, All I want is to be next to you. So many times I used to give a sign Got this feeling, gonna lose my mind. When all it is is just a love affair. You took me over baby, take me there. What can I do All I want is to be next to you What can I do All I want is to be next to you What can I do All I want is to be next to you What can I do All I want is to be next to you. All I want is to be next to you... • • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 3,300
  • 2021.04.08(Thur) 今日の1枚は、The Police、1979年リリースの2nd Album「Reggatta De Blanc」。そして、UGMB定点動画のBGMには、彼らの代表曲、A1の”Message In A Bottle”をチョイス。5/5までの時短営業が確定し、ほぼ半年間、まともに営業ができない夜の文化業態、神戸・三宮〜元町では、皆が何とか生き残ろうと歯をくいしばってますが、閉店する店も出てきています…。ベタですが、この時勢をこの曲に託しました。いつもの如く、下部に歌詞を紹介しておりますので、よければご覧ください ; ) • まずは、以下のリンクから、UGMBのインスタ定点動画をご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3uCvJKt> • 1978年、パンクの嵐が吹き荒れる時代にデビューしたThe Police。今から振り返ると、大御所Stingが、かつて在籍したバンドという認識の方が多いと思いますが、当時は「最も音楽性の高いパンク・バンド」という触れ込みで日本に紹介されていました。また、Stingの趣味によるReggae的なアプローチから、ホワイト・レゲエという形容詞がつけられていたこともありました。時代ですね…。元々、高校で音楽を教えていたSting、かなり裕福なご子息で、働く必要もなく、ドラムに明け暮れていたら、とてつもなく上達したというStewart Copeland、実はSoft Machineや、The Animalsにも参加していたというスタジオ・ミュージシャンのAndy Summersという、パンクの正反対なバックボーンを持っている3人だったので、当時のパンク・シーンからは敬遠されていた(らしい)。ただ、これも今から振り返ると、ポスト・パンク〜ニュー・ウェーブ〜ポップ・ミュージックにおける無国籍/多様文化主義の橋渡しができたのは、そんな彼らの高い音楽性と演奏能力に加え、社会的なメッセージを歌うだけの知性が備わっていたからだと再認識できます。 • 本アルバムからは、先述の”Message In A Bottle”と”Walking On The Moon”がシングル・ヒットし、彼らの存在を本国イギリスから欧州で決定づけた作品です。本作は、2008年に、名作のリイシュー・プロジェクトである『Back To Black』(レコードに戻ろう)シリーズでリイシューされたもので、リマスタリングが施され、かつ180gの重量盤となっています。 •• • 180g Heavy Weight Reissue, 2008, USED. Cat#: 0082839479219 (A&M Records/Back To Black) Genre: Rock • Songs List; A1. Message In A Bottle A2. Reggatta De Blanc A3. It's Alright For You A4. Bring On The Night A5. Deathwish B1. Walking On The Moon B2. On Any Other Day B3. The Bed's Too Big Without You B4. Contact B5. Does Everyone Stare B6. No Time This Time • Jacket Condition: NM Vinyl Plate Condition: NM *without Obi and Liner notes •• • ”Message In A Bottle” Just a castaway, island lost at sea Another lonely day no one here but me More loneliness than any man could bear Rescue me before I fall into despair I’ll send an SOS to the world I hope that someone gets my Message in a bottle A year has passed since I wrote my note I should have known this right from the start Only hope can keep me together Love can mend your life but love can break your heart I’ll send an SOS to the world I hope that someone gets my Message in a bottle Walked out this morning I don’t believe what I saw Hundred billion bottles washed up on the shore Seems I’m not alone in being alone Hundred billion castaways looking for a home I’ll send an SOS to the world I hope that someone gets my Message in a bottle • •• *本品は中古盤です。過度に傷や汚れを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 • 昨年末に、UGMBにて行われたmixtape公開録音作品「inner places」のpt.2、pt.3がようやく完成しました(こちらは、pt.3)。dj kussyが長く続けているmix cloudでのmixシリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた本シリーズ。前作pt.1から、そのままの時系列で展開されていますが、やはり時間の経過とともに、彼の味が出てきているところは、時間のマジックか、それとも酒量との関係か??? 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待くださいー/ • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Title: inner places 20201228 pt.3 Cat#: KSM-04 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud: https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 • 昨年末に、UGMBにて行われたmixtape公開録音作品「inner places」のpt.2、pt.3がようやく完成しました(こちらは、pt.2)。dj kussyが長く続けているmix cloudでのmixシリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた本シリーズ。前作pt.1から、そのままの時系列で展開されていますが、やはり時間の経過とともに、彼の味が出てきているところは、時間のマジックか、それとも酒量との関係か??? 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待くださいー/ • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Title: inner places 20201228 pt.2 Cat#: KSM-03 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud: https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 4,180
  • 伝説のリズムマシン”TR-808”をモチーフにしたリズム遊びと物語の児童書が、なんとアブドゥール・ハックの絵とアートとともに刊行!気がつけば、親世代どころか、祖父母世代となった(!)我が国のテクノ/ハウス第1世代に捧ぐ、ありそうでなかった児童向け音楽教育書!世の中、くだらない音楽ばっかりになっちまったぜ…とお嘆きの貴兄貴姉にオススメ!これで子供たちと一緒に遊び・学び、明日の、明後日の日本の音楽文化を再構成しませう! • 史上初! 紙製「TR-808」付録つき 16本のバーを上下に動かしてオリジナルのリズムパターンを組むことができる仕掛け付録、 その名も「TR-808」が付属します。 •• 著者: 小林“ミミ”泉美 『うる星やつら』『さすがの猿飛』『ストップ!!ひばりくん!』などの主題歌を担当。 70〜80年代、自身のバンドやソロ活動を中心に、高中正義、松任谷由実、井上陽水などの ライブ・メンバーとして活躍し、85年に渡英。ファンク、ラテン、アフロなどのスタイル を得意とする凄腕鍵盤奏者として、現在もヨーロッパを中心にライブ活動を展開中。昨今の シティ・ポップの世界的再評価により、今、また世界の注目を集めている。 • 絵/アートワーク:A. Qadim Haqq(アブドゥール・カディム・ハック) デトロイト出身・在住のビジュアル・アーティスト/アフロ・フューチャリスト。 89年、デトロイト・テクノの最重要レーベルのひとつ「Transmat」のレーベル・アートを担当し、ビジュアル・アーティストとしての活動を開始。98年、Underground Resistanceに参加。以降、UR作品を中心に、数えきれないほど多くのデトロイト・テクノの名盤のアートワークに携わる。そんな彼の活動履歴は、すなわちデトロイト・テクノの歴史といっても過言ではない。ちなみに、彼が幼少期に観た日本のアニメ、『Battle of the Planets』 (『科学忍者隊ガッチャマン』のアメリカ版)、『Robotech』 (『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創 世記モスピーダ』を再編集した海外版)は、彼の想像力の源泉とのこと。 2020年には、グラフィック・ノベル『The Book of Drexciya Vol.1』を刊行し、世界的な話題となった。 •• 書籍情報: 書名:エイト・オー・エイト - 声と手拍子で遊ぶリズム絵本 - 判型:A4判 / 頁数 28ページ 仕様:リング製本 付録:紙製仕掛け付録「TR-808」付き ISBN:978-4-9911538-0-8 C8773 対象年齢 小学1年生以上 制作/出版 : monogon、株式会社ソノリテ 定価:¥3,800- + Tax 10%

  • ¥ 3,100
  • 『アフリカから(ヨーロッパの覇権国・白人たちの呼称による)新大陸への向かう奴隷船では、商品として船底に鎖で繋がれたアフリカ人奴隷たちが、地獄のように劣悪な環境下で、次々と命を奪われていった。最初から死亡率を含んで値付けをしていた悪魔のような奴隷商人たちは、死んだ者はもちろんのこと、病気になった者たちも海に投げ捨てていた。病気を感染させて、それ以上の死人を出さないために...。しかし海に投げ捨てられた者たちの中から、かろうじて命を繋いだ者たちがいたのだ。海中深く、独自の進化を遂げ、水陸両生の種族「ドレクシアン」として蘇り、自分たちを母なる大地から切り離し、愛する者たちと離れ離れにした、憎き覇権主義者どもに、復讐の鉄槌を下す...』というコンセプトの下、ハードでダークなエレクトロは展開した「UR」史上、最凶と言っていい『憎しみの権化』Drexciyaのストーリーを当初から視覚化してきたグラフィック・アーティストAbdul Qadim HAQQが、『Cowboy Bebop』などアニメ作品の脚本家として知られる佐藤大氏と組んで、壮大な叙事詩に昇華させた作品『The Book of Drexciya - Vol. One』。 Tresor(GER)が出版しているハード・カバーver.に対し、本作はHAQQ自身がデトロイトで印刷・製本・出版したソフト・カバーver.です。 第1章「The Origin of The Drexciyan」 第2章「Dr. Blowfin Discovers Neptune's Liar」 第3章「Wave Jumpers」 第4章「Dance Night in Drexciyan」 第5章「Bubble Metropolis」 76 Pages / Full Color / Soft Cover / Printed in DETROIT USA Size: 287mm(H) / 197mm(W) / 7mm(D) UG特製・URステッカーの特典付き!

  • ¥ 19,950
  • 再入荷いたしました! ***************************************** お待たせしました〜!!!! やはり、前回もソールド・アウトとなってしまったUR Record Bag。待望の再入荷が決定です!レコードを入れるのはもちろんのこと、PCバッグや、機材バッグとして、またはタウン・ユースにもバッチリのサイズ感です。これを背負えば、背筋もピンと伸びるはず ; ) •• *バックパックでも、ショルダーでも、手さげでも使用できる3Way仕様となっております。 •• Cat# : URM-2020-1 カラー:ブラック only サイズ : 350mm / 350mm / 180mm (W/H/D) *布製品につき若干の誤差をご了承ください。 収納レコード枚数 : 12inch、約45枚程度 仕様:バックパックでも、ショルダーでも、手さげでも使用できる『3Way仕様』。    着脱式ショルダー・ベルト付属、ヘッドホン用ポケット付、    カートハンドル用ホルダー付、収納式バックパック・ベルト付属 ***** <追加記載:2020/07/23> *製造工程の遅延につき、発売日が大幅に延期となり、大変ご迷惑をおかけいたしました。 *コロナ禍の影響で輸入コストに大幅な超過が発生したため、前回予約受注時より価格改定を  させていただきました。何卒、ご理解くださいませ。なお、すでにご予約をいただいており  ますお客様には、予約時の価格にてご提供させていただきます。 *若干数の追加分の入荷となっております。なくなり次第の終了とさせていただきます。ご理解  ください。 <追加記載:2020/12/04> *米国および英国でのコロナ禍状況により、長らく製造〜流通がストップしておりましたが、新たな輸送経路の確保により、年内にご用意することが可能になりました。 <追加記載:2020/12/15> *入荷完了!明日、12/16より配送開始いたしますー!

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ “Underground Gallery TAPES”。 1作目が大好評の”DJ Kussy”からの新作は、UGMBにて行われるmixtape公開録音、その名も「inner places」。彼が長く続けているmix cloudでの1シリーズ「inner voices」の現場版という位置付けで名付けられた「inner places」。 その第1弾、1本で仕上げる予定が、全部捨てがたい!とのことで、急遽、pt.1/2/3と全編3部作でのリリースとなりました! 今後、この形式で、神戸はもちろん、津々浦々の音場にて、ガンガン、mixを録音〜発表してまいりますので、ご期待ください! • •• Running Time: About 60min. *60分テープを使用していますが、実録音時間はおおよそ60分とします。 Cat#: KSM-02 (Promo) Title: inner places 20201228 pt.1 Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less •• • DJ kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評。 mixcloud:https://www.mixcloud.com/MEETIN_JAZZ/ *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 [2020/12/29 - 追記] 発売予定日に誤りがございました。本品は、2021/1/05の発売/発送開始となります。 お詫びとともに、訂正させていただきます。 [2021/01/06 - 追記] 続編のリリースが決まり、本編のタイトルを"inner places 201228 1/3"に変更しました。

  • ¥ 1,650
  • ”Mixtape”カルチャーをUpdateしてみようと始まったシリーズ。 神戸を拠点に活動する”dj kussy”から届いた1作目は、毎年、神戸市中で開催される『神戸文化祭』へのUG参加企画のオープニング・パーティーとして、同じく共同参加者のスペイン・バル”La Luna”で開催した時の記念Mixです。 • dj kussy: ジャズ、ソウル、ブラジル、ラテンなどの生音や、アーバンなフュージョン、ディスコ、ブギーなどジャンルレスなプレイと、主宰するmixcloud channel”MEETIN'JAZZ”から発信されるmixが好評!! • ”dj kussy”のMixcloud Pageにてダイジェストをお聴きいただけます。 <https://bit.ly/3gQLp7i> • •• Running Time: 60min. *ただし実際の録音は、それ以下の時間となります。 Cat#: KSM-01 (Promo) Genre: Jazz, soul, rare grooves, Latin, Brazilian, disco, boogie, etc... Genre-less • •• *本品はストリート・マナーなマテリアルです。過度に音質を気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。事前の検品を施しておりますので、ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。

  • ¥ 1,540
  • UGロゴ・サコッシュに、ミニ・サイズが新登場です! 定番シリーズのサコッシュよりも、さらに小さく、縦型のコンパクトなショルダーバッグ。 小さくても最低限のモノはしっかり入ります。 一般的な長財布もすっぽり入りますし、ペンにメモ用ノート、小さな電卓...なんて、仕事用のアイテムとしても使えちゃいますよ ; ) Style#: UGLS-003 Color: Black Size: H25 x W21 (Strap:110)

  • ¥ 1,650
  • UGロゴ定番シリーズのサコッシュ、新タイプで復活ですー! 前回よりも、少しだけ容量アップ。ストラップがトップ仕様となり、ボディが型崩れしにくくなりましたー! 普段の「ちょっとそこまで〜」という時や、出先や旅先で貴重品だけ身につける時にもってこいのアイテムですー! Style#: UGLS-002 Color: Black Size: H24 x W30 (Strap:110)

  • ¥ 2,435
  • Jon Dixon、DeSean Jones、Mark Flash、そしてMike Banksによる、現行編成の新生TIMELINEの1st EP "The Conscious Dream EP"。2014年の初回リリース直後に完売し、URからのリプレスが発表されるも、プレス工場のトラブルにより、長らくお蔵入りになっていた作品が、待望のリプレス完了!!! URメンバー間で言うところの(?)「Mike Chord」を基礎としながら、JonのスムースなKeyboard workと、DeSeanのJazzyなSax workが冴える、Future Jazz ライクなこれぞ”Timeline”という3トラックを配した作品。佳曲揃いにもかかわらず、リプレスが成されなかったため、中古市場では高値が続いておりました。 Mike Banks、Gerald Mitchell、DJ Dex、Ray 7によって2004年に編成されたユニット “Timeline”。演奏を主体としながらも、サウンド・ループやスクラッチといったダンス・ミュージック・マナーを強く取り入れていくことで、”G2G”ユニットとの差異を図ろうというのは、当初のMIke Banksの意図でした。メンバーは、この2つのユニットを行き来する流動的な編成で、ある意味「G2GのB面」的な存在であったとも言えます。 Mike Banksのソロ・ワークに、Jon DixonとDeSean Jonesをフューチャーする形(作品としては、UR-85がそれに当たる)の過程を経て、Mark Flashがリズム・セクションに参加するようになった現行編成として、今作"The Conscious Dream EP”が1st、“Timeline”ユニットとしては、4枚目の作品となります。 Cat#: UR-087 試聴リンク: A1.L ight My Fire <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_1.mp3> A2. Moment In Marseille <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_2.mp3> B1. Next Step 4wrd <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-087_3.mp3>

  • ¥ 1,650
  • 2021.04.04(Sat) 本日の1枚は、URのMike BanksがUR以前に運営に参加していたHouse Labelの”Simply Soul”と”Soul City”からリリースされていた「埋もれた名曲」をリイシュー・コンパイルした『The Soul City EP』ですー。いわゆる王道ゴスペル・ハウスの力強い4曲がコンパイルされています! • そして、UGMBの定点動画BGMでは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師による生前最後のスピーチとともに、本作からの1曲“Stand Up For The Soul”が、Mix Upされています。というのも、1968年の今日、キング牧師が生前最後のスピーチを残した日でもあるのです。そして翌日、凶弾に倒れます。スピーチの締めくくり方が、まるで翌日に訪れる自らの死を予見したかの内容であることが、今でも語り継がれています。ただ、今日、UGMBの定点動画でご紹介しているのは、そのくだりの少し前、アメリカでの自由表現に関する部分を抽出しました。今、中国やミャンマーでのできごとに通じると思ったからです。加えて、“Stand Up For The Soul”のシンプルなトラックが、メッセージをアクセラレートしてくれると。以下に、スピーチの内容をご紹介していますので、よろしければ、ご覧ください。 • まずは、以下のリンクから、UGMBのインスタ定点動画をご覧ください。 UGMB instagram <https://bit.ly/3rMX0In> • • One part of speech “I’ve been to the mountaintop” All we say to America is, "Be true to what you said on paper." If I lived in China or even Russia, or any totalitarian country, maybe I could understand some of these illegal injunctions. Maybe I could understand the denial of certain basic First Amendment privileges, because they hadn't committed themselves to that over there. But somewhere I read of the freedom of assembly. Somewhere I read of the freedom of speech. Somewhere I read of the freedom of press. Somewhere I read that the greatness of America is the right to protest for right. • • 最後のスピーチ『険しい山の頂に登ったのだ』からの抜粋 我々がアメリカに言いたいのは、「自らが新聞報道で公に述べたことに、忠実たれ」ということだ。 もし、私が中国や、ロシア、もしくはどこかの全体主義国家に住んでいたならば、おそらく、米国憲法修正第一項(*注1)で述べられている、国民に与えられた基本権が拒絶されることを理解するだろう。なぜなら、それらの国では、国民にそのような権利を認めていないから。 しかし、この国では、集会の自由についての記事を読んだことがある。 言論の自由についての記事を読んだことがある。 報道の自由についての記事を読んだことがある。 この国の、公の報道で私は読んだことがあるのだ!アメリカの偉大さは、正義のためなら、権力に対して反抗する権利が我々国民にあることだと! *注1: アメリカ合衆国憲法で定められている条項で、国教の樹立を禁止し、宗教の自由な行使を妨げる法律を制定することを禁止。また、表現の自由、報道の自由、平和的に集会する権利、 請願権を妨げる法律を制定することを禁止している。 制定は、1791年12月15日、権利章典を構成する10の修正の1つとして採択された。 •• • ORG press in 2011, New as Dead Stock. Cat#: SWEAT-4 Label: SWEAT/Underground Resistance Genre: House, Detroit House • A1. Joyful Sounds Of Soul - “Never Give Up Hold On” [Written By W. Beaver, D. Hall] A2. Donnie Mark - “Stand Up For The Soul” [Written By D. Mark, M. Banks] B1. D’Lareg - “Better Way” [Written By G. Mitchell] B2. Robyn Lynn - “Your Love Is So Good To Me” [Written By M. Banks, R. Lynn] • Jacket Condition: New Vinyl Plate Condition: New •• • *本品は輸入盤です。商品の検品を施しておりますが、過度に盤面プレスのクオリティを気にされる方にはご購入をお勧めいたしません。ご購入後のクレームは輸送時の破損を除き、お受けしかねますので、予め、ご了承ください。 ----------------- 【ジャケット・コンディション一覧表】 CC:CORNER CUT / カット盤 - 角が切り落とされたもの DH:DRILL HOLE / カット盤 - 丸い穴が開けられたもの SC:SAW CUT / カット盤 - 細いスジ状のきりこみがはいったもの WD:WATER DAMAGE / 水濡れ SS:SEAM SPLIT / 底、縁割れ RW:RING WEAR / ジャケットにレコード盤の形に沿って円形状に擦れがある WC:WRITING COVER / ジャケットへの書き込み SOC:STICKER ON COVER / ジャケットにシールが貼ってある S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあるが、支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / EXより少し劣る状態 【レコード盤コンディション一覧表】 S:SEALED / 新品未開封 M:MINT / 開封済み、新品同様のきれいな状態 NM:NEAR MINT / MINTに比べ若干の使用感のある状態 EX:EXCELLENT / 多少の傷、スレあり。音質には支障のない良好の状態 VG:VERY GOOD / 目に見える擦り傷やカビなどにより、プチノイズなど若干音質に問題がある状態 G:GOOD / 頻繁なノイズ音、また音質の劣化のある状態 P:POOR / 針飛びや欠陥などにより再生不能な箇所がある状態

  • ¥ 2,435
  •  デトロイト・テクノという言葉がまだ存在しない時代、1980年代初頭のデトロイト・ディスコ・シーンから活躍するベテランJohn Collins。デトロイト・クラブ・シーンの生き字引的存在で、その温厚な人柄から、彼を慕うアーティストは数多い。Mike Banks、Jeff Millsらとは当時からの付き合いである彼が、URに参加するようになるのは、Submergeが現在の場所(Grand BLVD, 3000)に移ってからの、UR第3期からである。この第3期には、第2期からのメンバーに加え、西海岸や欧州、そして日本といったデトロイト以外からメンバーが参加し始めた時期で、それまでのデトロイト純血姿勢から、Undergroundとしての多様性を求め始めた時期でもある。 実はMike Banksは、URを始める前、Happy RecordsというHouse Labelを運営していた。その頃の作風が、UR初期の作品群の中にも垣間見れるのだが、彼は言わずと知れたHouse Music フリークなのである。故に、URの活動の中にも、そのHouse Musicのテイストを重要視していて、House MusicをちゃんとプレイできるテクノDJという括りが、URキャンプには存在していて、当時、それを担っていたのが、DJ S2ことSantiago Salazarと、このJohn Collinsだった。  UR第2期のDJといえば、DJ Rolandoが世界各地を席巻したが、これは偏に、”Knight of Jaguar”の世界的なヒットが、その理由である。この曲はRolandoによる作品ではなく、Mike BanksとGerald Mitchellが共作し、Rolandoはミックスを担当したに過ぎないことは、リリースから20年が経つ現在、もう公にしてもいい事実だと思う。URは、先述のように、バンドというよりは、キャンプと呼ぶ方がしっくりする組織であり、基本理念は、グループとして無名共産共栄である。その意識の下に、DJとして類い稀なる才能のRolandoを世界に送り出すため、彼の代表曲となるような作品を創ろう!として発表されたのが、Jaguarであり、そのクレジットにはURではなく “DJ Rolando aka Aztec Mystic”と記された。これは、結果、グループ内に大きな功罪を生み出すことになるのだが、この理想としての理念を捨てきらず、ひとつの公式として新たに用いられた作品が、本作「YEAH」である。  本作は、John Collinsのプレイ・スタイルを念頭に、Mike Banksが、同じくUR DJであるDJ Skurgeとともに産み落としたFunk Technoトラックである。製作時の裏話を少し…。テクノDJたちのプレイに対応するようにオリジナルのBPMを設定してあるが、実は少し遅めのプレイの方が、元々のスタイルとなっている。オリジナルのリリースから10年、今なら、この少し遅めのプレイの方がしっくり来るのが、面白い。 Cat#: UR-080 試聴リンク: A.Yeah <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-080_1.mp3> B. All We Need <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-080_2.mp3>

  • ¥ 1,650
  • URの隠れた名曲 “Good Time”[2009 created in KOBE, 2010 released] 2009年の夏、DJ Skergeを連れて、お忍びで神戸に遊びに来たMike Banks。ゆっくりしに来たはずなのに、いろんなアイデアが浮かんでしまい、2日目から急遽のスタジオ・ワークが始まり、完成したのが今作 “World Power Alliance - Somewhere in Japan EP”。 この”World Power Alliance (略して”WPA”)”は、URと意識を共有する世界同盟というテーマのシリーズで、今作はDetroitを離れて、日本で、神戸で製作したことから、このシリーズとしてリリースされました。今回、ご紹介するのは、このEPに収録された”Good Time”。始まりは不穏な空気を感じさせるMoog BaseとKickだけ、その後Hand Crapが加わってくるとUR90年代の名曲”The Warning (by The Surburban Knight)”を彷彿させる、Mikeお得意のDark Funk Techno。とてもシンプルでなんだけれども、音の隙間が気持ち良く、それゆえにMixしがいのあるTrackです。2020年現在、もう10年前の楽曲だけれども、DJの方々に、現在進行形の様々な形/MixにUpdateしていただきたい、そんなURの隠れた名曲です。 ちなみに、こちらのレーベル・アートは、神戸・元町〜三宮の地図と、大阪・福島の地図が施されています。神戸は分かるけど、なぜ福島?答えが聞きたい方は、UG Music Barまでお越しください ; ) Cat#: WPA-04/UR-079 試聴リンク: A1: Good Time <https://audition.undergroundgallery.jp/WPA04UR079_1.mp3> B1: Find Your Friend *Recorded Somewhere in Kobe. <https://audition.undergroundgallery.jp/WPA04UR079_2.mp3>

  • ¥ 3,333
  • “Underground Gallery”Original Logo Tシャツ、再入荷!! すっかりお馴染みのUGロゴT。ご要望にお応えして、少量の制作/入荷しました! 実は、このロゴTには、反戦のメッセージが記されています。 “no freedom in wartime, no even listen to the music you like… so i say no war. simple” ~戦時下では一切の自由はない。好きな音楽を聴く自由すらない。だから反戦。シンプル。~ コロナ渦で、世界中で、様々な自由が制限される中、改めて戦争よりマシだと感じています。 好きな音楽を楽しむ自由が認められているだけでも…。 ....................................................... カラー : Black with White Logo 素材:Cotton 100% サイズS:着丈 : 65 / 身幅 : 48 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ M:着丈 : 68 / 身幅 : 50 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ L:着丈 : 71 / 身幅 : 53 / 袖丈 : 21(単位:cm) サイズ XL:着丈 : 75 / 身幅 : 58 / 袖丈 : 22(単位:cm) *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。

  • ¥ 3,333
  • “Underground Gallery”Original Logo Tシャツ、再入荷!! すっかりお馴染みのUGロゴT。ご要望にお応えして、少量の制作/入荷しました! *Whiteは、現在、在庫のみの取り扱いとなっております。 実は、このロゴTには、反戦のメッセージが記されています。 “no freedom in wartime, no even listen to the music you like… so i say no war. simple” ~戦時下では一切の自由はない。好きな音楽を聴く自由すらない。だから反戦。シンプル。~ コロナ渦で、世界中で、様々な自由が制限される中、改めて戦争よりマシだと感じています。 好きな音楽を楽しむ自由が認められているだけでも…。 ....................................................... カラー : White with Black Logo 素材:Cotton 100% サイズS:着丈 : 65 / 身幅 : 48 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ M:着丈 : 68 / 身幅 : 50 / 袖丈 : 20(単位:cm) サイズ L:着丈 : 71 / 身幅 : 53 / 袖丈 : 21(単位:cm) サイズ XL:着丈 : 75 / 身幅 : 58 / 袖丈 : 22(単位:cm) *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。

  • ¥ 4,730
  • Mike Banksが神戸のUG Storeに記したメッセージをそのまま配したUG定番Tシャツが、数量限定でBack In Stock! Undergroundという言葉が氾濫してきたな…と思い始めた数年前、この主義/思想を、何か、別の言葉で表現できないかな…と考えていた時に、ふと目に飛び込んだMike BanksのAutograph、それが、当時のUG Storeに飾られていた”Intersteller Fugitives”のポスターに記されていたメッセージ “Stay Outta Sight!”。訳せば「潜んでいろ!」と言ったところか。 コロナ渦で、社会に不穏な空気が流れている中、新しい意味とともにご用意しました。 こちらは、少しEuropeテイストなシルエットに、柔らかい肌触りのCotton100%、 5.0オンスのレギュラー・フィット仕様。 ------ Color: Black Size: サイズ (Size) / 着丈 (dress length) / 身幅 (width of garment) / 肩幅 (shoulder length) / 袖丈 (length of a sleeve) GIRLS / 59cm / 42cm / 38cm / 17cm S / 65cm / 48cm / 40cm / 20cm M / 68cm / 50cm / 42cm / 20cm L / 71cm / 53cm / 44cm / 21cm XL / 75cm / 58cm / 46cm / 22cm *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。 Material: Cotton 100%

  • ¥ 4,730
  • Mike Banksが神戸のUG Storeに記したメッセージをそのまま配したUG定番Tシャツが、数量限定でBack In Stock! *Whiteは、現在、在庫のみの扱いとなります。ご了承ください。 Undergroundという言葉が氾濫してきたな…と思い始めた数年前、この主義/思想を、何か、別の言葉で表現できないかな…と考えていた時に、ふと目に飛び込んだMike BanksのAutograph、それが、当時のUG Storeに飾られていた”Intersteller Fugitives”のポスターに記されていたメッセージ “Stay Outta Sight!”。訳せば「潜んでいろ!」と言ったところか。 コロナ渦で、社会に不穏な空気が流れている中、新しい意味とともにご用意しました。 こちらは、少しEuropeテイストなシルエットに、柔らかい肌触りのCotton100%、 5.0オンスのレギュラー・フィット仕様。 ------ Color: White Size: サイズ (Size) / 着丈 (dress length) / 身幅 (width of garment) / 肩幅 (shoulder length) / 袖丈 (length of a sleeve) GIRLS / 59cm / 42cm / 38cm / 17cm S / 65cm / 48cm / 40cm / 20cm M / 68cm / 50cm / 42cm / 20cm L / 71cm / 53cm / 44cm / 21cm XL / 75cm / 58cm / 46cm / 22cm *こちらはメーカー表示です。デザインにより実物との誤差が発生する場合がございます。あくまでも目安としてお使い下さい。 *色調の違いによる返品交換はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。 Material: Cotton 100%

  • ¥ 2,435
  • 2020.10.23(fri) 今夜は、UG Music Bar 4years Anniversary Week、週末のイベント第1弾として、2年ぶりの復活となる"Bar Tortilla with Cherie"。この日のUG Music Barのinsta MovieのBGMには、ラティーノ/チカーノ・テクノの名曲 “Knights of the Jaguar”をチョイス!!!! ••  オリジナル・リリースは1999年。当初、Aztec Mystic aka DJ Rolando名義でのリリースであったが、Mike BanksとGerald Mitchellによるプロダクションであり、2012年最初のRepress時には、UR名義へと改定されている。楽曲的には、南米~ラテン要素を軸に、タイトルである「ジャガーの戦士」をテーマに、グループ内に流れるチカーノ/ラテーノの文化に捧げられた1曲であり、今後の展開となるLos Hermanosに通じる大きな布石となったことは、URファンにはよく知られた流れである。  時代は20世紀最後の年、1999年、UR Posseにとってはタフな年にあった。本拠地 Submergeが、街のカジノ開発のあおりを受けて移転を迫られていた時期である。80年代以降の自動車産業の斜陽に端を発した、人口流出と景気悪化という負の二重スパイラルが極まった90年代後半、これをカジノ誘致によって息を吹き返そうと、今、この国で頻繁に耳にするフレーズが、寂れたダウンタウンを覆っていた。そんな背景のもと、「ふざけるな!」という気概を表現すべく、かつて不屈の精神で侵略者スペイン帝国に立ち向かった伝説のマヤ戦士 “ジャガー” をタイトルに作られたのが、本作収録の「Knights of the Jaguar」なのだ。本作がリリースされるや否や、世界中のダンス・フロアでアンセムとなり、誇張なく、この曲が週末にプレイされないテクノ・フロアは世界に存在しないと言われたほどのヒットを記録する。このワールドワイドの評価は、移転問題を抱えていた当時のメンバーたちに大きな勇気とチャンスを与えることになった。そして、この楽曲の成功の後、ひと波乱、ふた波乱あるが、そんなことはものともせず、URの快進撃は続き、Los Hermanosの立ち上げ、Timeline、G2Gのバンド編成、そしてMontreux Jazz Festivalへの招聘など、活躍の場を広げていくことになった。  さて、URの本拠地Submergeを創設の地(私たちは思い出を込めて“Old 2030”と呼ぶ)から追いやったデトロイトのカジノ政策、誘致には成功したものの、思ったほど市外からの観光客は誘致できず、思ったほど成功もできず、誘致から10年あまり経った2013年、デトロイト市は財政破綻する。そしてURは、新たな本拠地を現在の場所(2001年移転。私たちは敬愛を込めて、番地の“the 3000”を呼称にしている)に移った。この場所、いや建物と言ったほうがいいが、かつて「アメリカ大統領がもっとも恐れる男」と呼ばれたアメリカ労働組合のボス、ジミー・ホッファがデトロイトに初めて建てた組合のビルだったのだ。メイン・ストリートのWoodward Ave.を挟んで、伝説のMotown Studioと対称の位置にあることをMikeが好んで選んだ場所なのだが、地下を掃除していた時に、ホッファの写真などがいっぱい出てきて判明したらしい。反骨精神の権化であるURが、権力に移転を迫られ、辿り着いた場所が、ホッファの組合ビルだったというのは、よくできた映画のような話ではないか。そして、移転後すぐ、このビルに、ふらっと訪れた日本人が、2016年に惜しくも急逝した音楽プロデューサーのWoodman。観光でテクノの聖地を訪れたはずが、Mikeと意気投合するや否や、いきなり掃除とペンキ塗りを手伝わされたというエピソード、これをWoodmanと、Mikeたちを交えて、2005年、大阪の夏の夜、皆で大笑いしながら話したことが懐かしい。  最後に、伝説のマヤ戦士ジャガーに関しては、メル・ギブソン監督の映画「アポカリプト」で、(ストーリーは史実に反すると思いますが…)その背景だけは見て取れますし、ジミー・ホッファに関しましては、2020年アカデミー候補の「アイリッシュマン(マーティン・スコセッシ監督・2019年)」や、ジャック・ニコルソン主演の「ホッファ(ダニー・デビート監督・1992年)」をご覧いただければ、今回の話をニヤリと読んでいただけるのではないでしょうか。了。 Cat#: UR-049 試聴リンク: A1. Knights of the Jaguar <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-049_1.mp3> B1. Ascesion <https://audition.undergroundgallery.jp/UR-049_2.mp3>