ANTIKKKA

Club Goers EP

Label: Mixworks
Cat No: MW006
Format: 12inch
File Under: Techno / Minimal,Detroit
share with facebookshare with twitter

1,430円 (会員価格 1,287円)


URのLifetime Member、アサルトDJとして有名なBUZZ GOREEが仕掛ける “MIXWORKS”レーベルの最新第6弾リリース!
今作は、テル・ア・ビブ(イスラエル)の才女 “ANTIKKKA”によるデトロイト・フレーヴァー漂う “Electric Boogie”!


URのアサルトDJとして世界中のフロアに「尖兵」として攻め続けるBUZZ GOREEがオーガナイズするレーベル「MIXWORKS」。最新作は、彼がイスラエルのテル・ア・ビブで見つけたフレッシュな才女 “ANTIKKKA”。アーティスト・プロフィールは謎のベールに包まれているものの、一聴して分かるのは、デトロイトのファンクネスに大きな影響を受けている点。ディスコティックなアプローチではあるが、あえて「エレクトリック・ブギー」と呼びたくなる4トラックを収録。A1のオリジナルも秀逸だが、BUZZ GOREE+MIKE CLARK(aka AGENT X)+R. Deaneによるユニット“Blowed Pimps”によるRemixは、さすがデトロイト・オリジナル・キャッツの真骨頂ともいうべき、無駄を極限まで削ぎ落としたデトロイト・シンプリシティ!フロアで聴かねばならぬ、そんな1枚です!

ANTIKKA artist profile:
イスラエル生まれのANTIKKKA、テルアビブのエレクトリック・ミュージック・シーンでそのキャリアを開始する。その音楽的背景は、多岐に及ぶもので、特に子供時代に彼女の祖父のコレクションであったリビア音楽のテープ群は、彼女に多大な影響を与えている。 14歳のANTIKKAベース・ギターを手にし、音楽活動を開始。この頃、Riot Grrlらによるフェミニズム・ムーブメント (*90年代前半にシアトル近郊のオリンピアから始まった、フェミニズム思想(男女同権を実現し、性差別のない社会をめざして、女性の社会的・政治的・経済的地位の向上と性差別の払拭(ふつししょく)を主張する論)を持ったパンク・バンドが起こしたムーブメント)に影響を受けたためだ。この当時の音源は、のちに地元を中心に話題となり、後評価ではあったが、ローカルのレコードショップでソールドアウトとなった。19歳になった頃、当時働いていたレズビアン・バーのオーナーがたまたま彼女のミックス・テープを聴いたことをきっかけにDJの道へと進む。これが、彼女がエレクトリック・ダンス・ミュージック・シーンに入り込んだきっかけである。2年後、彼女は、より大きな活動を志し、一念発起、ベルリンへと居を移す。ここで、今回のリリースへとつながるMIXWORKSレーベルのオーナー、URアサルトDJことBUZZ GOREEと出会い、彼女のデトロイト/シカゴ・マターなサウンドを感じ取ったBUZZの誘いを受けることになる。 ヴァイナル・デビュー盤となる今作に続き、2018年は怒涛のリリース・ラッシュが予定されている。




Arrival date : 2018-03-21

Mixworks_2018

Track List
A1. Misty's Fever
A2. Misty's Fever Blowed Pimp's Mix
B1. Disco Biscuits
B2. Camp Sunday

カートに入れる:


Buy Together :この商品を買った人は、こんな商品も買っています

Ep

ALEX SEIDEL
Ep

Money Sex Records
The H.A.N.S. Ep

JOHANNES ALBERT
The H.A.N.S. Ep

Frank Music
No Man Is An Island

AALKO
No Man Is An Island

Kebko Music

Dookie Machine

VINTAGE FUTURE
Dookie Machine

UNDERGROUND RESISTANCE
Yellow Funk’s Selection Edit 3 *

YELLOW FUNK
Yellow Funk’s Selection Edit 3 *

Kinjiro Tapes
Resist EP

CRZKNY
Resist EP

Mixworks

Copyright © 2018 Underground Gallery