UNDERGROUND RESISTANCE [MAD MIKE]

Somewhere In Japan EP

Cat No: WPA-04/UR-079
Format: 12inch
File Under: Techno / Minimal,Detroit
share with facebookshare with twitter

1,010円 (会員価格 910円)


神戸録音によるUNDERGROUND RESISTANCE/MAD MIKEの新曲がリリース!「これぞ、UR !!」と唸りたくなるほどのファンキー・テクノ・ウィズ・ダーク・マター!2009年の夏に神戸に遊びにきてくれた際に、『ちょっと、曲が書きたくなった...』と急遽始まったMIKEのスタジオ・ワーク。『ゆっくりしようや〜』というSKURGEをよそに毎日「こもる」MIKE。3日目くらいに、『コレ、どうや?』と皆に聴かせたところでスカージにも火が点き、そこから24時間は2人でみっちりとエディットとミキシング。出来上がった曲がB面収録の「Find Your Friend」と前作(UR080)収録の「All We Need」。「Ma Ya Ya」辺りから顕著になった サザン・ファンク風のじつに小気味よいファンキー・テクノな仕上がりに、皆が『おぉ、MIKEって感じのファンクやねぇ』と 言いだすと、『そうや、オレはファンクがイチバン大事やと思うてる』とご機嫌なMIKE。 『さぁて、コイツをバイナルでカットしたいんやが、テーマは”5th Elements (五元素)”でどうや?この世を作り出してる4元素 「火・水・土・木」に、「ファンク」を加えて、五元素や!』『ええがな、面白いがな!』という皆のリアクションに、これまた ご機嫌のMIKEは、テーマを語りだして止まらず...。 『それでや、カップリングにはコレ、どうや?』と聴かせてくれたのが、A面に収録の「コレぞ、UR!」と叫びたくなる (実際、 みんな叫んだ)「Good Time」。イントロでのムーグっぽいダークでグルーヴィーなベース・ラインに徐々にハット、クラップが リズムを展開させ、ブレイクの後にファンキーなコード・ワークが奏でられたら、もうそこは、Its a UR World !! この時は入って なかったコーラス・パートが、UR FUNKにトドメを刺しています。 で、その後、テーマが二転三転して80番と今作に楽曲が振り分けられ、今作は神戸での制作ということから、長年封印していた ワールド・パワー・アライアンスを復活させて...その名も『Somewhere in Japan ep』として完成しました!

#AcidHouse#DetroitTechno#Funk
UR_Selection

Track List
A1: Good Time
B1: Find Your Friend *Recorded Somewhere in Kobe.

カートに入れる:


Buy Together :この商品を買った人は、こんな商品も買っています

Nomadico EP

DJ DEX aka Nomadico
Nomadico EP

UNDERGROUND RESISTANCE
Meet The Red Planet

THE MARTIAN
Meet The Red Planet

Red Planet
The Natives EP (通常盤)

ELECTRIC STREET ORCHESTRA
The Natives EP (通常盤)

Dirt Tech Reck

The Realist

JULIAN NEUMANN
The Realist

Third Ear
Actuator / Solenoid

UNDERGROUND RESISTANCE
Actuator / Solenoid

UNDERGROUND RESISTANCE
Sunshine

BILEEBOB
Sunshine

UNDERGROUND RESISTANCE

Copyright © 2019 Underground Gallery