DOTTING

Kblv-002*

Cat No: KBLV-002
Format: 12inch
File Under: Techno / Minimal,Japan
share with facebookshare with twitter

1,500円 (会員価格 1,500円)


四国は愛媛発のインディペンデントレーベル[Kin-Ben LABEL]の新作は、ベース・ミュージックとミニマル・テクノの狭間を往来する、ポリリズミックなディープ・テクノ3トラック。
THE HUMAN & ASSETSが主宰する、愛媛県の工業都市を拠点とするインディペンデント・レーベル[Kin-Ben LABEL]のセカンド・リリースは、ヒップホップやドラムンベース等のブレイクビーツ・ミュージックにて音楽の世界へはまり、その後出会ったデトロイトテクノからの影響にてテクノ・ミュージックへ傾向していったという、DOTTINGによるデビュー12インチ。

「音楽の規則的催眠性の中で、偶発的な奇妙さがもたらす快感を表現することにチャレンジしている」というコンセプトの元に制作された本作、音の鳴っていない隙間をコントロールした、ポリリズミックなパーカッションにて展開される「Sosuu」は、ベース・ミュージックから派生したテック・ベース贅とも共鳴するジャンルを越境したディープ・トラック。バウンスするイーブンキックを軸に、メロディーやフレーズといった具体性とは相反した、抽象的な音像が交差するシュールなテクノ作品の「Aiueo」は、ミニマルな構成ながらも聴くものに風景を感じさせるような展開が見事。極限まで音数を削ぎ落とし、鳴っている音の一粒一粒の響きと、その相関関係に力点を置いた、まさに「狂気と快楽」が形象化されたミニマル・テクノの「Drop Upward」は、エクスペリメンタルながらもファンクショナルな究極のDJツール。


DOTTING プロフィール
10代半ばにヒップホップに衝撃を受け、みるみる内に音楽にのめり込んでゆく。その後周囲の影響でドラムンベース、ジャングルを聞く様になり、そこから様々なダンス・ミュージックに触れ、デトロイト・テクノに出会いテクノ・ミュージックの世界にはまり込んでゆく。 テクノの中でも、無駄が無く音そのものの本来の快感を最大限に引き出しているミニマル・テクノに強く感動しDJを始める、もともと幼少時より絵が好きで、シュールレアリズムや、キュビズムの絵画にかなり影響を受けている、中でもジャクソン・ポロック、ジョアン・ミロの絵画は作曲するイメージや情熱のエネルギーになっている。天性の芸術的感性と異常に強い感受性からなる独特なミニマリズムは、1つの瞬間、1つの音にどこまでの快楽を体感出来るかを追求し続けている、奇妙でドープの中に狂気と快楽を直感的に音にしていくミニマリストである。

Track List
A1. Sosuu
B1. Aiueo
B2. Drop Upward

カートに入れる:


Buy Together :この商品を買った人は、こんな商品も買っています

First Day Ep

DUPLEX
First Day Ep

Dolly
Va Vol II

MELCHIOR PRODUCTIONS LTD/VINCENT LEMIEUX/BARAC
Va Vol II

Disdat

Friendly Feel Ep

FRANCK ROGER
Friendly Feel Ep

Home Invasion
Moustache Techno Series 001

GESLOTEN CIRKEL
Moustache Techno Series 001

Moustache
Ep

I:CUBE
Ep

Versatile Records

Copyright © 2017 Underground Gallery