V.A.

Nu Ance Records #01

Cat No: NUR-001
Format: 12inch
File Under: Japan,Hip Hop
share with facebookshare with twitter

1,500円 (会員価格 1,500円)


WESSUN, KOJI TANINAKA, AGASSI (ex.土俵ORIZIN), PWU (ex.土俵ORIZIN), MASATO
WESSUN (EX. 土俵ORIZIN)、自身のレーベルと共に本格活動再開!

関西アンダーグラウンド・シーンの雄「WESSUN」が、土俵ORIZIN解散以降、他のメンバーに先駆けて、長い沈黙を破り、いよいよ自身のレーベル「NU ANCE RECORDS」とともに、待望の活動を再開させる!その第1弾リリースは、WESSUNらしく、こだわりのVINYL作品!しかも、「土俵ORIZIN」時代の盟友 “AGASSI” と “PWU”、さらに秀逸なトラック・メイカーとして名を馳せる “KOJI TANINAKA”らを迎えたコラボ作品6連発という気合いの入り様。「1人の世界観だけじゃなく、時に “対決” とでも呼べるほどの対峙を経て、生み出された “音”は、どんなものになるのか?そんなことをテーマに、作品を作ってみました。結果、それらの“音”を表現するワードとして、 “NU ANCE (ニュアンス)”となった訳です。後付けですが、このレーベル名、テーマ、自分の活動にぴったりなので、今後、掘り下げてみようと思ってます。」とは、主宰、WESSUNの言葉。関西外の人には、ピンと来ないかもしれないが、「遅すぎる」くらいのレーベル始動。時間を掛けただけのことは、有ります。皆様も、ゆっくり、ご堪能あれ。

ファンクをベースにしながらも、どこか土着感を感じる、煙く黄色いグルーヴは、日本人オリジナルなもの。ロッキンな男らしさを感じるブレイクビーツ・トラックの「REASSURE」、スローモーなグルーヴとネジ曲がったコミカルなワンループで展開される「GET FUNK」、ダブステップ以降のボトムグルーヴに、ヴォイスやカウベルの刻みを絡めたドープ・シットの「MUSICALLY」、90年代の[Mo Wax]辺りのサウンドを彷彿とさせる正統派アブストラクト・ヒップホップを展開した「GO AROUND」、リバースするウワ音とカラカラした鳴り物が、煙の世界にぴったりな「INTUITION」など、入魂の6トラックを収録。


WESSUN(ウエッスン)プロフィール:
大阪生まれ、神戸育ち。94年HIPHOPと出会い、95年よりDJを開始。
関西圏のあらゆるアンダーグラウンド・Hip Hop・パーティーに参加、シノギを削り、腕前を上げていくと同時に、音楽的感覚を共する仲間たちと出会い、それが2000年代に大きな足跡を残すことになる関西個性派音楽集団『土俵オリジン』へと結実する。
アンダーグラウンド・レーベルとしてリリースしたMix Tape シリーズ『土俵 MAGAZINE 』が、全国のシーンで高い評価を獲得し、結果、彼の活動は、徐々に関西から全国へと拡大していく。
06年、土俵オリジンの1st アルバム『GRAIN OF IMAGE』をリリース。全国のファンが待ち望んだ初のオリジナル音源は、異例の好セールスを記録し、追加に次ぐ追加プレスも、完全完売。
『土俵オリジン』としての活動が一段落した08年、オランダ『Rush Hour』の音源を使用した初のオフィシャルDJ Mix 作品『Rush Hour meets DJ WESSUN』を発表。国内外で絶賛され、後の海外ネットワークへの重要な布石となった。
以降、様々なアーティストたちとのコラボレーションを展開させ、常にシーンの話題を手にしてきた WESSUNが、2012年、いよいよ自身のレーベル『Nu Ance Records』を始動させる!まさにWESSUNらしい、ニュアンスで聴かせるレーベル!レーベルとともに動き出した、WESSUNの活動に、乞うご期待!!

KOJI TANINAKA(コウジ・タニナカ)プロフィール:
98年よりDJとして音楽活動を開始。
DMC JAPANファイナリストDJ FULとトランペットプレイヤーHirose Miki,DSKとのユニット「blue control」を結成し、ライブ活動をメインに数々のイベントに出演。
07年には、nujabes主催「TRIBE」レーベルよりソロ音源Freeform//TOKIをリリース。生演奏とクラブサウンドをMixさせた楽曲で高い評価を獲得する。
09年、Hip HopアーティストのShin-Skiとの新感覚創作ユニット「designed people」を結成し、Adriana EvansやMonday満ちる、The Bush babesをはじめ海外で活躍するアーティスト達とのコラボレーション作品「Lets B Free」をリリース。
10年、日本ユニセフ協会主催「HAPPY BIRTHDAY for Children」音源提供。
11年、アパレル映像コンテンツ「PROJECT ONE」音楽担当。
現在は、音楽をコンセプトとしたブランド「hammond ARP」を軸に活動中。

PWU (プウ) プロフィール:
90年後半ヒップホップカルチャーの洗礼を受けDJ活動を開始。
00年頃には関西地下シーンの重要クルーのひとつであった土俵オリジンに参加。dj halとの4turntable2djユニット「pwu+hal」や「halptribe」名義でリリースした数本のmix「土俵magazine」が各地の強者たちから高い評価を得る。
現在では、アンビエント、ハウス、ブレイクビーツ、ダブステップ、云々といったカテゴライズを軽く飛び越える自由な選曲で、京阪神の地上地下屋内外大小を問わない様々なパーティーでプレイ中。

AGASSI (アガシ) プロフィール:
淡路島出身大阪在住。95年頃、衝撃的なHIP HOPとの出会いをきっかけに音楽への旅行が始まり、その土産の品々が自身の音楽に対する大きなインスピレーションになっている。DOPE HIP HOP集団”DOHYO-ORIZIN”、”D3R”などでの活動や、DOHYO-ORIZINによるコンピレーションアルバム ”GRAIN OF IMAGE”への参加、AFRICAN JAG PROJECTによるチャリティー・アルバムへの参加などを経て、09年自身初のソロアルバムとなる”AGASSI"をリリース。
現在に至る。

MASATO (マサト) プロフィール:
神戸生まれ、神戸育ち。小学6年生の頃から、心の捌け口として、音楽、書物、映画に救いを求める。
中学に入る頃、パンク、サイケデリックロック、ノイズ、ジャズ、邦楽にのめり込む。ギターも始める。
16歳、パンク・バンドで活動する地元の友達の影響で、ゴシック・パンク、ハードコア、グラインドコア、デスメタル、テクノ、ヒップホップ、スカ、レゲエ、ロカビリーにのめり込む。
18歳、NYハードコアスタイルのバンドにギター参加。
22歳、プリミティブな物に興味を抱くようになり、民族音楽にのめり込んで、デジュリドューを始める。渡オーストラリア。
その後24歳までオーストラリア〜バリ島で生活。ヒッピーや小学生教師やおばちゃん・おじちゃん、アーティスト、絵描き、アボリジニー、ギャングのおっさん、アフガニスタン人、アフリカ人、アジア系、様々な人達とシンプルな生活の中、交流を持つ。バリ島では、観光用ではない本当の儀式に参加させて頂き、音楽、演劇、舞踊、信仰、宗教性の本質を垣間見る。
特に音楽に関しては今まで物とは次元の違う物だったので、今までの価値観が全て崩れると同時に宇宙意識も覚える。
帰国後、もんもんと紆余曲折の人生を送るも、30歳、WESSUNの励ましにより、再び音楽作りスタートする。
その結果が、本作。現在に至る。

Track List
A1. REASSURE _ KOJI TANINAKA + WESSUN
A2. GET FUNK _ PWU + WESSUN
A3. MUSICALLY - AGASSI + WESSUN
B1. GO AROUND _ AGASSI + WESSUN
B2. INTUITION - KOJI TANINAKA + WESSUN
B3. FORE TASTE - AGASSI + MASATO + WESSUN

カートに入れる:


Buy Together :この商品を買った人は、こんな商品も買っています

Soul Beats Volume 1

REAVIS MITCHELL
Soul Beats Volume 1

Distorted Soul
Universal Mind (Used)

JOHN ARNOLD
Universal Mind (Used)

Fragile Records
Kaleidosko

IKE
Kaleidosko

Philpot

Drafting Under the Stars*

TAKUYA MATSUMOTO
Drafting Under the Stars*

Iero
Star House / Novo Samba*

MO-WAII / DJ SHINYA
Star House / Novo Samba*

NNNF

Copyright © 2018 Underground Gallery